上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ははは、本気で実の娘だと思ってるようだな!!!親といい、子といい、全く御目出度い
ぜっ!!!」

「・・・・・かすみっ?」

霞(聡)は男性口調で下品な言葉遣いで言った。
歩は最愛の娘が乱暴な言葉遣いをして思いがけない行為をしたため驚いていた。

「へへへ・・・・・・教えといてやるよ。俺の名前は永田聡。憑依の薬を使ってお前の娘の身体
に憑依したのさ。」

「なっ・・・・・何言ってるの、かすみ?」

歩は先ほどの行為があってもまだ信じようとしなかったので霞(聡)はこれまでの経緯の詳細
を説明した。

すると・・・・・・・。

「そっ・・・・・・そんなっ・・・・・・・・。」

歩は今まで起こった事実を知ってしまいショックを受けた。

「驚いただろ?だが、事実なんだ。あんたの娘はもういないんだよ。」

「・・・・・・・かえして・・・・・・・・娘をかえしてっ・・・・・・・・!!!!」

歩は悲しみのあまり泣き叫んだ。そして霞(聡)の首に手をあて絞めようとした。

「げほっ、げほっ・・・・・・・おい、どういうつもりなんだ?」

「それは私の娘の身体・・・・・・あなたに渡さないっ!!」

歩の手は震えていた。戸惑っており、抵抗を感じているようだ。最愛の娘の首を絞めるの
だから無理もないだろう・・・・・・。

「ふふふ・・・・・そんなことか・・・・・・・殺れるのか。」

「・・・・・ぐぐっ!!!」

歩の手は震えは激しくなった。そのとき・・・・・・・・。

「おっ、おかぁさん??、苦しいよぉ??。助けてぇっ、おかぁさん??!!!!」

霞(聡)は霞の可愛らしい口調を真似て言った。それにより歩は手を緩め、下ろした。

「へへへ、聞き分けがいいじゃないか。本人じゃないとはいえ、この身体は正真正銘、実の
娘のモノなんだ。殺せる分けないよなー。」

「グスンッ・・・・・・・!!!!」

歩は泣き続けていた。

「ほら・・・・舐めろ!!ココを舐めたら今回のことは水に流してやる!!」

霞(聡)はズボンとショーツを下ろし、秘部を露出させた。

「・・・・・・・・・。」

「ははは・・・・・・この身体はいつだって殺せるんだぜ!!娘の身体を殺されたくなかっ
たら舐めろ!!!」

霞(聡)がそういうと歩は霞の秘部を舐め始めた。

ちゅぱっ、ちゅぱっ、ちゅぱっ、ちゅぱっ!!!!!

「はぁんっ??、ああああんっ??、きっ、きもちよすぎっ???はぁ・・・・・・・はぁ・
・・・・・・・はぁ・・・・・・・・・はああああんっ???。さすが霞ちゃんの母親だなっ、
気に入ったぞっ。俺の新しい奴隷に任命してやるよっ・・・・・これからはたくさん俺の言う
ことを聞くんだぞっ・・・・・・・はぁ・・・・・・はぁ・・・・今みたいに逆らうと罰を与
えるからなぁ??・・・・・はぁ・・・・・・はぁ・・・・・・・ほんとっ、きもちよすぎっ・・・・・・・♪」

「ぐすんっ・・・・・・・・。」

歩は涙を流しながら霞(聡)の秘部を舐め続けた。

「へへへ・・・・・・ねぇ??、おかぁ??さんっ♪・・・・・・・・こんなに可愛らしい女の
子の身体を産んでくれてありがとぅねぇ??、大好きだよっ、おかぁ??さんっ♪・・・・・・
なんてなっ・・・・・・ははははっ!!!」

「・・・・・・・・・・。」

「そうだっ、このことは家族のみんなには内緒ね。俺を娘として接してくれ。できなかったら
・・・・・・・・・わかってるよね、おかぁ??さん♪・・・・・・ふふふふ!!!!」

「ぐぐっ・・・・・・・・。」

こうして霞(聡)は霞の母親の歩を奴隷化してしまった。

スポンサーサイト
「ふぅ??、もう朝かぁ。」

外が明るくなり朝となった。

弘人はそのまま遥として学校へ行くことにした。

遥(弘人)は予備の分の制服を取り出して着替えた。姿見を見るとどこからどうみても
鈴木遥だった。本物の遥は昨日の夜に弘人の手によって存在が抹消されてしまい、今と
なっては遥の姿に変身した弘人が本物だといっても良い。偽者が本物に成り代わったの
だ。

「はぁ??、遥ちゃんをみてると身体がムズムズしてきちゃったぁ??、だからっ、一
発いいよねぇっ??、遥ちゃんっ??!!・・・・・・・はぁんっ、はああああんっ、
はああああああんっ♪」

遥(弘人)は姿見の前で示威を始めた。右手をスカートの中に潜り込ませて中指と人差
し指を使ってショーツの上からゆっくりと擦り続けた。

「はぁ??はぁ???はぁ???はああああんっ、いいよっ、遥ちゃんっ、すごく気持
ちいいよっ??!!!」

遥(弘人)は喘ぎ続け、卑猥な女子高生の姿が姿見に映し出されていた。

「遥ちゃん・・・・大好きだよっ・・・・・僕だけの遥かちゃんっ・・・・・・・はぁ・・・・
・ ・・・・・・はぁ・・・・・・それじゃあ・・・・・・・そろそろ学校に行ってくるね
、遥ちゃんっ・・・・・・ぐふふふっ・・・・・・。」

そして一段落すると遥(弘人)は見出しなみを整えて学校へ向かった。

そして学校に到着し教室に着くと、遥の席に座った。いつもは友達数名が話しかけてく
るのだが今日は姿すら見当たらなかった。

それもそうである。昨日の夜、亮に変身した弘人が彼女たちを散々酷い目に合わせたので
くるはずもない。彼女たちの今や外見上はオバサンであり、身体にはいろいろな変化が
加えられており、恐らく二度と学校へはこれないだろう・・・・・・・。

そう思うと遥(弘人)は心の中で笑いが止まらなかった。

「きゃああああ???!!!!」

しばらくすると、女子トイレのほうから悲鳴が聞こえた。駆けつけてみると、遥の制服を
着ている亮が発見されたのである。亮は未だに気絶していたのだが周りが騒いでいるこ
とに気がつき、すぐに起き上がった。

「きゃああ??!!」

「さいて??!!」

「なにこれ???!!!」

亮は昨日の夜、首元が変形されており、しゃべることができなくなっていた。亮はどう
しても反論できず、涙を流しながら学校を出て行った。不良であり人に当たっては暴力
を振るったり、カツアゲをしたりした彼には相当屈辱的だった。そして騒ぎを聞きつけ
、先生たちが駆けつけ退学を言い渡された。

周りに圧迫され亮はとうとう泣いてしまい、涙を流しながら走って学校を出て行った。

遥(弘人)はこれをみて、とても清々しい気持ちになり、心の中が満足感で満たされて
いた。弘人の復讐はこれで幕を閉じた・・・・・・・・・。




それからしばらくして・・・・・・。
弘人(遥)の自殺現場が発見され、たくさんの人が悲しんだ。実際には遥が命を絶った
のだが、弘人のために泣いてくれていた。

一方の弘人はというとそれ以来、元の姿に戻る気はなく前の自分を捨てて、『シェイプシ
フター』として生き続けた。いろんな人間に変身し楽しんでは悪戯をしていた。

しばらくの間は、遥に成りすまし生活し続けていたのだが、遥の身体にあきてしまい、
卒業式ととも遥の姿を捨てて別の人間に変身して成りすまして遊んでいた。さらに、あ
きると違う人間に変身して成りすまし弄ぶ・・・・・・。

「ぐふふっ・・・・・・・・次は誰になろうかなぁ??。あっ・・・・そうだっ!!!」

弘人は今日も誰かに変身し、誰かに成り代わる・・・・・・・。弘人はこの万能な変身
能力の虜となり、それを使って『シェイプシフター』として楽しみ続けたのであった・・・・。



?シェイプシフター(完)?



遥(弘人)は弘人の家へつくと、さっそく地下の部屋へ入った。
そこには部分変身薬により女性器と声帯が男性化させられた遥が監禁されていた。

「やぁ??、遥ちゃん、調子はどう?」

「むんっ、むぐぐぐんっ、むむむんっ!!!」

口には猿轡を噛まされ、自由にしゃべることができない。

「ねぇ??、聞いてよ、亮ったら学校で遥ちゃんのお友達を犯したみたいなんだよぉ??
。サイテーだよねぇ??、もう学校にはこれないよねぇ??、ぐふふふっ??。」

「むんっ、むぐぐぐんっ、むむむんっ!!!」

「でもねぇ??、遥ちゃんも十分にサイアクなんだよねぇ??。だって、その亮を家に
連れ込んで犯して精気を奪って・・・・・・・・・学校で犯罪者に仕立て上げたんだか
ら、僕が判決を下すと・・・・・有罪確定だねぇ??。遥ちゃんはもう死刑ねっ♪僕が
責任もって遥ちゃんを綺麗に片付けてあげるよ??!!」

「むんっ、むむむむむぅぐんっ、むむむんっ!!!」

「ん?最後に何か言い残すこととかあるの?」

遥(弘人)は遥の猿轡を外して自由にしゃべれるようにした。

「あっ、あんた、いったい誰なの?・・・・・・・なんでこんな酷い事するのっ・・・・・
・・・・・・・私たちに何か恨みでもあるの?」

遥は男声で泣きながら言った。

「ぐふふっ、恨みがなかったら、僕だってこんなことはしないさ。もしかして自分が何
をしたのか忘れちゃったの?」

「私は・・・・・・・何もひどいことはしてないっ・・・・・・・・。こんなことする
なんてひどすぎるっ!!」

「あれ?本当に忘れちゃったんだぁ??、もしかして自覚なしってやつ?これはもう何
を言っても無駄だね。ぐふふふっ。」

すると、遥(弘人)は天井に紐を吊るし、下端に人の首ほどを吊るせる大きさの輪を作
った。その下には踏み台を用意し、処刑場があっという間に完成してしまった。

「さぁ??、準備できたよ、遥ちゃんっ!!これで綺麗さっぱり、遥ちゃんの今までや
ってきた罪を洗い流してあげるねっ♪・・・・・あっ、でも、洗い流すと言っても全く
罪がなくなるわけじゃないからね、その辺、誤解しないでねっ、ぐふふっ!!!」

「やっ・・・・・・やだっ・・・・・はなしてっ・・・・・・!!!」

「遥ちゃんったら、本当にあきらめが悪いなぁ??。さぁ、いくよ。」

遥(弘人)は遥の身体をいとも簡単に持ち上げ処刑場に連れて行った。さっそく首にさ
きほど作った紐の輪できつく結び固定させた。

「これでよしっ・・・・・・・と。」

「くっ・・・・・・くるしいっ!!」

「ふふふ、苦しそうだねぇ?。よし、だったら、せめて最後に遥ちゃんに快楽を与えて
あげるよ。」

すると、遥(弘人)は遥の股間に手を当てて力を入れた。遥の股間は男性器から女性器
へと変化した。

「ぐふふっ、遥ちゃんの元々の性器とは少し違うけど女性のものだよ。遥ちゃんの性器
とは違って処女幕が破れてないでしょ?中学2年生くらいに変化させておいたから、今
の遥ちゃんは処女なんだよ!!さてと、僕も『男の娘』にならないとね。」

遥(弘人)は股間に手を当てて力を入れた。すると、股間が男性器のものに変化した。

「じゃあ、遥ちゃんっ、いれるよっ♪」

「やっ、やめてえええっ!!!」

ググッ!!!

遥(弘人)のグロテスクな肉棒が遥のナカにスッポリと入ってしまった。

「はぁ??はぁ??遥ちゃんっ、気持ちいいよっ♪なんでこんなに気持ちいいのっ?
?、ねぇ???♪」

「いっ・・・・・いたいっ!!!」

「何言ってるの?遥ちゃん、本当はすごく気持ちいいんだよね。恥ずかしがることはな
いよっ??!!」

「いっ、いたいっ・・・・・やめてっ、だめえぇっ!!」

「はぁ??はぁ??遥ちゃんっ、この締め付けが最高だよっ!!・・・・遥ちゃんっ、僕
もう限界だからいくねっ、はああああっ、はああああああああああ??、はああああああ
んっ、いっ、いくぅうううううううっ?????♪」

どぴゅっ、どぴゅっ、どぴゅっ、どぴゅっ???!!!

遥(弘人)は遥の中に大量の精液をプレゼントしてあげた。

「んはっ♪とっても気持ちよかったよ、遥ちゃん♪」

「・・・・・・ひっ・・・・・ひどい・・・・・。」

「何言ってるんだよ、遥ちゃん。こんなもの遥ちゃんが今までやってきたことに比べれば
十分軽いほうだよっ!!僕ってすごく優しいから、すぐに逝かせてあげるねっ♪あっ・・・
そうだ!!最後の最後に何か言いたいことはある?」

「あんたっ・・・・・・いったい・・・・・・誰なのっ・・・・・・こんなひどいこと
して・・・・・・。」

「ぐふふっ、これから死ぬ人間に言う義理はないよ・・・・・・・。じゃあ、そろそろ
お別れの時間だね・・・・・・。じゃーね、可愛いけど穢れた遥ちゃんっ♪・・・・ぐ
ふふっ!!!!」

「きゃっ・・・・・やめてえええ・・・・・私が悪かったっ・・・・・・・死にたくな
いっ・・・・・・・許してえええええ・・・・・あああああああっ!!!!」

「もう遅いよ・・・・。じゃーね・・・・・・・大好きだったよ・・・・・・・遥ちゃ
んっ・・・・・・・!!」

遥(弘人)は踏み台を外すと・・・・・・・・遥の身体は瞬時に下に降りてしまった・・・・・・・。

遥はついに命を絶ってしまった・・・・・・・・・・。

「ぐふふっ、あっけないもんだね、遥ちゃんっ!!!」

すると、遥(弘人)は遥の頭に触れ力を入れた。すると、遥の身体が変異を始めた。見
ると、遥は弘人の姿に変化した。

「ふふふ、これはどうみても僕だね!!さてと・・・・・。」

遥(弘人)は力を入れて元の姿に戻り自分の部屋へ行き机の引き出しからペンと紙を取
り出した。

「ぐふふっ・・・・・・これでよし・・・・・・っと・・・・・。」

弘人は遺書を書いていた。亮に苛められ、それが苦で自殺したという内容だった。
書き終えるとさっそく弘人は地下の弘人(遥)の自殺現場までいき、遺書を床に置いた。

そして、弘人は再び遥の姿に変身し別れを告げた。

「じゃーね、遥ちゃんっ♪・・・・・・・全部遥ちゃんがいけないいだよっ、僕を裏切
るから・・・・・・。だから間違っても僕を恨まないでねっ・・・・・あはははははっ・・・・・
・・・ぐはあははははふはっ・・・・ぐはあああっ・・・・・・・・・・・・・ぐへぇ・・・・
・・・・・・・ぐひぃ・・・・・・・・・・ぐひぃぃ、ぐひひいひひひいいいいぃぃぃぃ
ぃ????、ぐひいいいいいぃぃぃぃぃぃぃぃ??????!!!!!!」

遥(弘人)は達成感と支配感、満足感などあらゆる感情に心が満たされ狂ったように高
笑いをし、それが部屋中に響いた。

数十分後、遥(弘人)は落ち着き、冷静を保てるようになり服装を整えて弘人の家を出
て遥の家へ向かった。

時刻を見ると二十三時をまわっていたので寝ることにした。遥(弘人)はそのまま遥と
して一夜を明かした・・・・・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。