上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そして思いに浸っている間もなく私の元に再び怪人が現れた。

「ドウダッタカナ?良イ思イ出ニ ナッタダロ?今度ハ コノ顔ナンカ ドウカナ?」

再びマスクを外すとそこには何度か見たことのある人物だった。
それは聡の友達の顔をしていた。

「俺には他にもいろいろな顔を持ってるんだぜ!」

彼は出て行き、また現れてはマスクを外すと今度は聡の別の友達の顔になっていた。
さらに次も顔が変わり聡の別の友達の顔になった。

いったい、いくつもの顔、姿を持っているのかわからない。不気味な仮面マスクに
黒フードを纏った怪人は部屋を出て行くたびに次々と体系を変貌させて私のもとへやっ
てくる。

そして次は私の顔、姿で現れた。服装も私の着ていたものと似たような(又は同じ)もの
だった。

「どうだったかな?私の変身ショーの感想は?結構な出来で、まるで本物みたいでしょ?」

私の姿をしている怪人は私の声・口調で話し、私の髪に触れ頭を撫で軽く息を吐き耳元で囁いた。

「最後に私とお別れのキスをしましょ…」

彼女はそういうと、私のプリーツスカートを捲り敏感な部分を舌で舐めまわした。

(あ、あん!!)

「あなたの下のお口って、とても良い形してるのね。それにだんだん濡れてきてるよ。自分に
犯されるのがそんに気持ちいいの?くふふ」

私は彼女に敏感な部分を攻められ理性を失いかけ過剰に反応していた。
何度でも気持ちいいと思ってしまった。

すると、彼女は舐めるのをやめて今度は私の口に顔を近づけ小さく小声で囁いた。

「ねぇ、私に教えてよ。その身体ってどのくらい敏感に反応するの……」

彼女はそう言い、私に深くキスを交わした。すると、周囲が徐々にぼやけていった。意識が途切
れ途切れになって…。私の意識は魂が吸い取られるかのように薄くなり再び気絶してしまった。

それから、しばらく時間が経ち・・・・

・・・・・・・・・・・・・・

………お姉ちゃん、沙織お姉ちゃんってば、起きて!

・・・・・・・・・・・・・・


私は誰かの声によって目を覚ました。

『私は…いったい…?』

「沙織お姉ちゃん。ようやく目覚めたみたいだね。良かったぁー!」

目の前には霞ちゃんがいた。

『あれ?ここはどこ?』

「ここは私の家。そしてここがカスミの部屋だよ」

『霞ちゃんが私を連れて助けてくれたの?』

「うん。実は悪い人たちに気づかれないようにお兄ちゃんにメールでやりとり
して110番してくれたの。犯人は逃げたみたいだけど。もう安心だよ」

『ありがとう。霞ちゃん』

「沙織お姉ちゃんが無事でカスミうれしいよ」

『あっ、もう朝の5時?そろそろ家に帰らないと…』

「まだ"犯人は近くにいるかもしれないよ"。外は危ないから途中までならカスミも一緒
についていってあげる」

『そう。ありがとう』

私は霞ちゃんと一緒に歩き駅のほうで別れた。

「それじゃあ。お別れだね。沙織お姉ちゃん」

『うん。さようなら。霞ちゃん。今回は無理だったけど、またいつでも私の家
に遊びにおいでね』

「うん、わかったー。じゃあね、沙織お姉ちゃん」

二人はこうしてその場で解散しそれぞれの家へ向かった。





・・・・・・・・・・・・・・・

「ふぅ~、ようやく行ったか……さてと、俺も家に帰ってビデオカメラでも再生し
てみようかな。はははは!!」

霞は男性口調でしゃべり、怪しい笑みを浮かべながら家のほうへ向かって
いった……。

スポンサーサイト
数時間が経ち私は目が覚めた。
今度は口も身体も縛られていないのだがあまり身動きがとれなかった。どうやら
麻酔をかけられたようだ。

それに下には布団が敷かれており身体に苦痛は感じられなかった。

「ヤァ メザメタ ヨウダネ。アタラシイ 顔ニ 変エテキタヨ。マスイガ キイテ
カラダガ ウゴカナイダロ?今起コシテ アゲヨウ」

怪人は私の身体を支え上体を起こした。
私はその場に座らせた。少し下に目をやると私は霞ちゃんと似たような(もしくは同じ)
セーラー服を着せられていることに気がついた。それに身体が先ほどとはまた違うものを
感じた。少し身体が縮んだかのように思えた。

気のせいだろうか。
怪人のほうも先ほどと体格が変わったような気がする。ガッチリとした男性のような体系。
私はそう思ってしまった。

「サテト マスクヲ 外シテ 新シイ顔ヲ 見セテ アゲルネ」

怪人は覆面マスクを取り外した。

「やぁ、沙織。元気だった?俺だよ、俺。聡だよ」

そこにはすでに亡くなったはずの私の元カレである永田 聡が立っていた。
今度は彼の姿になって私に変なことをするのだろう…。

「沙織。しばらく見ない間に顔つきが変わったな。まるで別人みたいに見える。そうだな、
女子中学生…15歳くらいの女の子に見えるなぉ。それにセーラー服姿のお前も可愛いぞ」

目の前にいる彼は私を過度に褒めながら黒いフードを脱ぎ捨てた。
何度もみたことがあるのだが彼は就職活動のときに使っていたスーツを身に付けていた。

彼は私の頭を撫でて髪の匂いをかいだ。

「はぁ~、いい匂いだよ。沙織!いろいろ辛い思いをさせてごめんな。今日は沙織に会う
ために天国からやってきたんだ。沙織が今までに味わったことのない最高の快楽を味わせ
てやるよ」

私は彼の甘い言葉と雰囲気に惑わされ胸がときめいた。心臓の鼓動が高鳴る…。

彼はいきなり私の唇に深くキスをした。それが済むと私の胸を揉み始めた。

(んっ、んうんっ!!)

私は不覚にも反応してしまった。
だけどいつもと感覚が違っていた。いつもよりなんだか新鮮な気持ちで反応していた。

「どうだい?気持ちよかったかい?沙織」

私は身体全身に熱が伝わり頬を赤らめた。私はなぜなのかわからないのだが身体がムラムラ
し始めた。思春期の少女のように……

彼は今度はファスナーを下ろしトランクスの中に隠れている男性器を露出させた。
そして彼は私の身に付けているセーラー服のスカーフリボンを解き横ファスナーを開き上着
のほうを胸のところまで脱がせた。

「ああ…沙織、可愛いよ」

ちゅぱっ、ちゅぱっ…

彼は私の顔を舌で舐めまわし、純白ブラジャーを外し胸の辺りからおへその辺りまで舐めた。

(うっ…ううっ!)

私は声を発することはできなかったのだがいつもより身体が敏感であり活き活きしており
今までに味わったことのない快楽を得てしまった。

自分の身体のはずなのになんでだろう…
まるで別人の身体になったかのようにその快楽は今までと違うものだった。

「沙織、ココ吸っていいかい?」

彼は私の乳首に指を指し軽く触れた。

私は雰囲気に負けてしまい、それに快楽をもっと味わいたいがために無意識のうちに頷いて
しまった。

すると彼はニヤリと笑い、セーラー服を乱し私の胸を露出させ顔を当て、乳首に口を当て赤
子のように吸い始めた。

じゅぅ~~、じゅばぁっ、じゅばぁ~~~、じゅぱっ~~

「はぁ…おいしいよ。さすが沙織の乳だな。こんなにおいしいミルクを出せるなんて沙織しか
いないぜ」

そういいながら彼はどんどん私の乳を吸い続けた。
それにより私も敏感に反応してしまった。

これまでにないくらい気持ちいい気分にさせられた。

そして吸い終わると……

「沙織、最後に俺の愛の証を受け取ってくれ!」

彼は私のスカートを捲りショーツを脱がせて男性器を私の女の子の部分に接続(セッティング)
させた。私の器は彼の男性器を拒絶することなく快く受け入れた。

(あっ、ああっ!!)

私はさらに違う快楽を得てしまった。若々しい女の子のような快楽が伝わってきた。

(はっ…はぁ…気持ちいい!)

私は心の中で思うがままに呟いてしまった。

「はぁ…はぁ…どうだ、気持ちいいだろ。お前のその身体のツボなんて、もうすでに熟知してんだ
ぜ!!俺が天国に連れてってやるよ」

どぴゅっ、どぴゅっ、どぴゅっ……

(はっ、あん、はあん~)

私は絶頂を迎えた。それに伴い彼も…

「どうやら、これでフィニッシュのようだな。いくぞ、沙織。俺のすべてを受け入れてくれ!!ああ
あああっ!!!」

(はっ、いっ、いいっ、ああああっ!!)

どぴゅっ、どぴゅっ、どぴゅっ……

彼が私の尻の周辺に精液を放出させた。私を妊娠させないためにもわざとよけたように見えた。
聡はそれが済むと私から離れて笑顔を見せた。

「じゃあ、俺、そろそろ行かないと。元気でな!沙織!」

(まっ、まって!行かないで!)

私は心の中で叫んだのだが彼は笑顔を残し私の元を去っていった。私は不思議なことにも目の
前にいる彼に心を動かされてしまった。私は混乱し彼が本物なのか偽者なのかわからなくなっていた。

どちらにしても私はなぜか良いひと時を過ごしてしまった。


「私って本当にエッチな女の子なんだね。興奮してこんなに濡らしちゃった~♪」

彼女は私の濡らされた手をそのまま動かしショーツを掴ませ下ろし脱がせた。
純白色のショーツに染みができ汚れている。

彼女はショーツを掴み鼻に近づけて匂いをかいだ。

「はぁんっ、良い香り~。カスミのエッチな匂いがするよぉ~。それに今日は
いつもより良い感じで濡れてるみたいだね。これもお姉ちゃんのおかげだよ
。今からカスミがご褒美をあげるね♪」

彼女はショーツを床に置き私の身体を押し倒し、私の身体の上に跨った。

「ねぇ、沙織お姉ちゃん。お姉ちゃんはいったいどんな味の甘い蜜をカスミに味わ
せてくれるのかな?楽しみだなぁ~」

彼女は私の唇にキスを交わした。
すると、そのとき私の身体の股間部分が熱くなり何かが盛り上がるのを感じた。
女の子にキスをされているのに妙な感覚だった。

「お姉ちゃん、この部分何かおかしいよ。もっこりと何かが膨らんでるみたい。気に
なるから覗いてみるね」

彼女は私のミニスカートを捲り覗きこんだ。

「きゃっ!!なにこれ?お姉ちゃんったら、すごーい。女性なのにこんなもの
隠し持ってるなんてー!!」

彼女はその部分を手で撫で始めた。すると私は今までに味わったことのない快楽に
襲われてしまった。

「お姉ちゃん、ココ吸ってもいい?別にいいよね、少しくらい」

じゅぅ~~、じゅぱぁ~~、じゅぱぁ~~

彼女は顔を下に近づけ私の股間部分にある何かを少し舐め始め、それがエスカレートして
愛らしい口で私のそれを飲み込んだ。

(あ、ああ…)

私は力が緩み起き上がることはできず、彼女の舐めて飲み込んでいるものが何なのかは
分からなかったのだがその部分は敏感に反応しているのは確かだった。

私はこんな快楽な気分は初めてだった。

「はぁ…はぁ…お姉ちゃんのエッチな白い蜜。甘酸っぱくてとってもおいしいよ。カ
スミのミルクとは大分味が違うんだね。そうだ、今から私とお姉ちゃんとで合体(ドッ
キング)しようね」

彼女はセーラー服姿で私の身体の上に再び乗り、お尻に私の敏感な何かを差し込んだようだ
ったが私には見えなかった。彼女は私のそれを快く招きいれた。

「んうぅん、はぁ~、いっ、いいっ~~!!お姉ちゃんとカスミ合体してるぅ~。とても気持
ちいいよぉ~!はんっ、はああん~~!!」

彼女は嫌らしい顔つきで上目で頬を染め口から涎を出し、お尻を上下に動かし続けた。
それにより私は快楽感がより強まった。まるで男女同士の性交渉のようだった。

(はぁ…はぁ…)

私は上に跨っている彼女の猛攻な攻めにより気が緩み快楽に浸り続けた。

「はぁん、きっ、気持ちいいよ、お姉ちゃんっ、ああ、カスミもう限界みたい。だってお姉
ちゃんのコレ、ぶっといんだもん♪そんなもの突きつけられたらカスミ耐えられないじゃない。
だから、カスミのココをこうして苛めるしかないの。お姉ちゃんももう限界みたいだしそろそろ
終わらせてあげるね。はぁ~、いくっ、ああっ、いくぅうう~~ん!!」

どぴゅっ、どぴゅっ、どぴゅっ~~~!!!

彼女は思いっきり腰を動かして私のそれを揺さぶり続けた

「はっ、ああんっ、はぁぁぁあああああん~~~!!!」

じゅぱぁ~~~

そして彼女の嫌らしい悲鳴とともに私も同時に何かが吹き出てしまった。

彼女は私の隣に横たわり息を荒げ笑みを浮かべて少し休んだ。
髪は乱れ唇からは唾液を垂らし頬を真っ赤に染め汗を掻いている。さらには身に付けている
セーラー服上着、プリーツスカートは乱れ少女の汗が染み渡り汚れてしまった。名器の周り
には私のそれから発射したと思われる液体が付着していた。

これで終わったのかというとそうではなく彼女はこう呟いた。

「はぁ…はぁ…。最高だったよ。沙織お姉ちゃん。今度はまた別の顔…姿でお姉ちゃんを
楽しませてあげるね。じゃあ、しばらくここで休んで待っててね。くふふ」

シュー~~~!!

彼女は立ち上がり近くに置いてあるスプレーを取り出して私に向けて発射させた。
私はそれにより再び意識を失った……。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。