上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家に着いた霞(聡)は自室にいる奴隷A~Dを兄の部屋に行かせ自室に籠りベッドに横たわった。
そして自身の再び膨れ上がった肉棒を手で握りしめてプリーツスカートに擦りつけ、もう一方の
手でセーラー服上着を乱して胸を揉み始めた。

「たまには一人で自分の部屋に籠ってオナニーってのもいいな。女の子が学校をズル休みしてオナ
ニーか。霞ちゃんは俺が憑依する前は清楚で真面目な女の子だったのになぁ。見た目は今も清楚で
真面目そうなんだけど、内側はもう淫乱女に成り果ててしまったなぁ。俺って本当すごい悪霊な
んだなぁ。ははははw」

「それにしても、この身体気持ちいいよなっ!揉み具合といい柔らかさといい……これは病みつきに
なるなぁ。まぁ、あきないのも薬のおかげではあるんだけどな。……はぅ、あぁっ、あんっ、いい
っ、最高、あぁんっ!」

霞(聡)は自然と少女には似合わないアへ顔になり口から唾液を垂らして汗をかき乱れて甲高い
声で鳴いて見せた。

「はぁはぁ。俺の…霞ちゃんの身体が熱い。熱すぎるっ。あああっ!!」

霞(聡)は胸をさらに力強く揉んだ。

「そ、それにしても俺がこの手で育て上げた胸の威力はすごいよな。俺がほぼ毎日揉みほぐして
いるおかげでこんなにも巨乳になれたんだ。女子中学生とは思えないほど嫌らしく成長したもん
だぜ」

そして、そのままうつ伏せになりプリーツスカートにカバーされた肉棒をベッドに擦りつけた。
その摩擦力によって敏感な肉棒を刺激させて、さらに敏感にさせる。

「はぁ~、んぅんっ、はぁん、あん、いっ、いいっ、気持ちいいっ。カスミ、またオチンポ扱いちゃ
ったぁ。こんなものが出てきたせいで恥ずかしくて今日学校休んじゃったじゃない。これがあると男
の子だと思われちゃう~。カスミは正真正銘の女の子。男の子なんかじゃないよぉ。早くカスミの前
から消えてよ。ひゃあんっ、ああん!!」

聡は霞の口調を真似ながら喘いでみせた。

「ひゃっ、ああん、いっ、いくっ、いくっ、いくぅうううう~」

無意識のうちに肉棒をたくさん苛めているとそれが一気に暴走し、制御不能になり起爆してしまった。
ショーツは穿いていなかったのでプリーツスカートが精液まみれになり汚されてしまった。

「はあぁん、やだ、私ったらスカートにザーメンをぶっかけるなんて。でも…もっと、かけてあげたい♪
だってこの身体がそう言ってるんだから!あんっ~、はぁん~~」

性欲剤のおかげで爆発しても、すぐに身体が復活して射精前と同様に再び身体がムラムラし始めた。
霞の身体に憑依している聡でさえ理性を失いそうなほどだった。

「はぁはぁ…。私の身体ったら、どれだけカスミのことを苛めたら気が済むのぉ~。カスミ、本当は恥ず
かしくてこんな変態なことはしたくないよぉ。で……でも私の身体がそうしろって言ってくるから仕方
ないよね。ここでたくさんチンポを扱いて射精しておかないとね……。ひゃん、ああ~ん!!はあああぁ
ぁん~~!!」

そして何度も射精を繰り返した。すると股間部分がおとなしくなっていた。

「ふぅ~、大分落ち着いたなー」

ベッドには淫らな姿の少女が横たわっていた。
セーラー服上着のスカーフリボンは外れ、半脱ぎ状態でブラが外れ胸を堂々と露出させ、プリーツスカー
トの一部は捲られている。
股間部分には男性器はもうなかった。霞の身体は正真正銘の女の子の身体に戻っていたのだ。

「はぁはぁ。どうやら消えたようだな。制服も身体も汚れたことだし、これからシャワーでも浴びてこよう
かな。……とその前にこれまでの出来事を俺の"おなにっき"にでも綴るか。昨日はサボってたからな」

霞(聡)は机に座り一冊の日記帳を取り出した。

「……俺…いや私…カスミは真面目な女の子なんだからサボらず毎日どんなことでもその日の出来事を書
かないとね。例え、変態で恥ずかしい出来事であってもね。…うへへ」

『○月×日、今日は机の中に隠し持ってる性欲剤を飲んだら身体がムラムラし始めオナニーをしたくなり
ました……仕方なく私はスカートをたくし上げ……机の角に擦りつけて…………』

…という風に、ニヤニヤと笑みを浮かべながら今日の自慰のことや男の子としての連続射精談を一通り
綴った。書き終えると誤字脱字がないように確認のため部屋に響くようなわざと大きな声で朗読を始めた。

「あぁんっ、こんな嫌らしいことを書いて読み上げるなんて本当に恥ずかしいっ。だけど…カスミ、真面目だから
全部読まないといけいないね…」

霞(聡)は恥ずかしいながらも一生懸命朗読を続けた。
女の子でありながら男の子としての自慰射精三昧なひと時を思い出しながら……


スポンサーサイト
霞(聡)は誰にも見つからないように、こそこそと学校を抜け出して帰宅しようとしていた。

「ふぅ~、今のところ学校の連中に見つかってないな…」

校門を抜けて霞(聡)は最寄の駅に向かい家に帰ろうと思ったのだが途中にある公園に寄りベンチ
に座った。

「ああ…だめだ、また身体がムラムラしてきた。最近特に飲みすぎたかな。とりあえず、電話して
迎えに来てもらおう」

霞(聡)は母親に電話して欠席の連絡とここまで車で迎えに来るよう命じた。

「迎えがくるまで霊体になって少し暇でも潰してようかな」

霞(聡)は公園の中にある公衆トイレへ向かい中に入り鍵を閉めた。

「俺の霞ちゃんの身体をここで少し預からせてもらうね」

聡は霞の身体から離脱して霊体になり天井をすり抜けて空を浮遊しながら辺りを見渡した。
空は秋晴れに恵まれており街は穏やかで何ひとつ事件は起きておらず平和だった。

「そういえば、俺以外の幽霊ってあまり見かけないな。あいつが言ってた消失って本当なのかな」

聡は宙を移動しながら思った。
と、そのときここから4キロほど先のところに光の粒が大量に天に昇る現象を目撃した。

「ん、なんだあれは?ちょっと行ってみるか」

聡は新幹線より少し遅い程度のスピードでそこまで移動した。

「はぁはぁ。久々に高速で移動すると疲れるなぁ」

そこは閑静な住宅街。
周りには人はあまり歩いていなかった。

正面を見ると路上に30代前半くらいの男性が倒れていた。全く起きる気配がない。
彼は透けて見え人間ではなく霊体であることがすぐにわかった。彼は背中に鎌で切られたか
のような大きな傷跡があり、背中から光を帯び粒として分散され空に舞い上がって行った。

「これは…いったい?」

聡が近づいたときには全身が粒のように分散され天に昇り消滅してしまった。
時間が立たないうちに男の気配は完全に消えてしまった。

そしてそこには何もなくなり、いつもの日常の風景に戻っていった。

「何だったんだろう。あれは…。おっと、そろそろ迎えが来るころかな…」

聡はこれ以上は何もないことが分かり、その場を去って行った。
そして霞の身体がある公園の公衆トイレの中に壁をすり抜けて入り霞のもとへ戻ってきた。

魂の抜け殻である霞の肉体は床に座りスヤスヤと眠っていた。

「待たせたね。霞ちゃん。そろそろ家に帰ろうか」

聡は霞の口元に口付けし、そこを開けてその中に侵入していった。
霞の身体はいつものように聡が中に入ってくるのを許し素直に受け入れた。

そうして聡は霞に憑依し、目を覚まし立ち上がり帰る準備をした。

「ああ、少し放置してたらムラムラ感が止まらないな。家に帰ったら、たくさんオナニーしよう」

霞(聡)はトイレから出るとちょうど母親の車が到着し中に入り出発した。聡は霞として家に帰って
行った。

霞(聡)の股間部分は膨れ上がった。そこを見てみると、男性の象徴である肉棒が霞のそこについ
ていたのだ。
「おお、久々に生えてきたか…。この薬、飲みすぎるとホルモンバランスが崩れて一時的に男性器が
生えてくるんだよな」

霞の女体の一部が一時的に男性化してしまった。

「このままだと、目立ってしまって面倒なことになりそうだから、誰もいないうちに納めておこう」

霞(聡)はもう一度、愛液で汚れたショーツを穿いて鞄を持って教室から出て行った。
廊下を歩くたびにプリーツスカートの股間部分が少し盛り上がり違和感が感じる。

「それにしてもこの感覚なんだか不思議だなぁ。まるで女装でもしてる気分になるぞ」

霞(聡)はニヤリと下品な笑みを浮かべながら歩いて行った。
そして女子トイレに入ると思われたのだが男子トイレのほうで立ち止まった。
ゆっくりとドアを開けるが中には誰も入っておらず聡にとっては好都合な状態だった。

「へへへ、今の俺の霞ちゃんの身体の一部は男なんだから入ってもいいんだよな。失礼しまーす!」

そうして一人のセーラー服を身に付けた女子中学生が男子トイレの中に堂々と入っていった。
霞(聡)は姿見の前に立ち、自身の姿をじっくりと観察してみた。

セーラー服上着は身だしなみを整えているのだが、プリーツスカートのほうは少し盛り上がっており
乱れている。

「はぁ~、カスミの身体に立派なオチンポがついてるぅ。こんな姿を見てるとなんだか興奮してくる
なぁ。あっ、はぁん、ああん~~」

霞(聡)は姿見の前でプリーツスカートを通して股間の盛り上がっている部分をやさしく撫で始めた。

「はあんっ、あん、いいっ、気持ちいいっ、カスミったら、女の子のくせにオチンポでこんなことを~、
恥ずかしい…すごく恥ずかしいよぉ~~!!」

姿見には股間部分を集中的に扱いている卑猥な少女の姿が映し出されていた。

「誰かに見つかる前にこのオチンポから早くザーメンを外にぶっかけてあげないと。あああん、ひゃんっ、
はあああぁん!!」

聡は、霞には決して言わないであろう卑猥な用語をしゃべらせて扱き続けていた。

「ああん、こんな変態な姿、古河くんには見せられないよね。まさかオチンポを生やして、それを扱いて
興奮してるなんてね。あん、はああん~」

霞(聡)は扱き続けた。
すると、股間部分が膨れ上がり爆発寸前な状態にまで陥った。

「はぁはぁ~、この辺で止めておこう…」

聡は少しばかりの理性でなんとか霞の身体の暴走を食い止めた
そして個室へ入りドアの鍵を閉めて床に座った。

「やっぱり、こんな体つきになってしまったら、まともに授業なんて受けられないぞ。ショーツも全部汚れて
しまって、もう代わりはないからなー。そうだ、今日は欠席しよう。…とその前に誰か一回霞ちゃんの身体の
暴走を止めてくれないかな」

聡は霞の身体から離脱して霊体になった。

「霞ちゃん、ちょっとそこで待っててね」

聡はトイレの壁をすり抜けて教室のほうに入った。

「誰か、人来たかな」

聡はそこを見ると女子生徒が3人いるのがわかった。そのうちの一人は沖田 恵……霞の友達であり
以前、聡が憑依して洗脳したうちの一人である。今や彼女は霞(聡)の下僕である。

「おお、都合が良い。ちょっと恵ちゃんの身体を使わせてもらおうか」

聡は恵に近づき、プリーツスカート、ショーツの中を潜り下の女の子の入口から侵入し彼女の身体
に憑依した。

「さてと、トイレのほうに行きますか。うへへ」

恵は怪しい顔つきに変わり、教室を出て霞のいる男子トイレの中へ入った。
またしてもセーラー服を身に付けた少女が堂々と入って行く。それは異様な光景だった。

姿見には冬用セーラー服を身に付けたおさげ髪をした少女が映し出されている。

「これから霞ちゃんの性欲を抑えるために友達として少し協力してあげないとね…。うはは」

恵(聡)は、さっそく霞のいる個室の前で立ち止まり再び身体を離脱し幽体となって壁をすり抜けて
霞の身体に憑依した。

霞は閉じている目を開けて不気味な笑みを浮かべながら立ち上がり個室のドアの鍵を開けた。

「さてと…さっそく俺の霞ちゃんの身体の性欲を止めてもらおうかな」

「ははっ。かしこまりました。聡様」

霞(聡)は汚れたショーツを床に脱ぎ捨てプリーツスカートを両手でたくし上げた。
そこには少女には不釣り合いな男性の象徴とも言える大きな精がたくさん詰まった肉の塊……肉棒が
そびえ立っていた。
それは今にも爆発しそうな大きさにまで膨張しており、ただでさえ大きな肉棒がさらに大きくなっていた。

「もしかしたら俺の元体のよりもデカイんじゃないのか、これ…」

聡は霞の女体に生えている肉棒をじっくり見ながら、そう思った。

「はぁはぁ…。カスミ、女の子なのにオチンポ生えちゃったのー。カスミのこのぶっといオチンポ……
恵ちゃんの御口の中に入るかなぁ~」

霞(聡)は卑猥な言葉を使いながら自身の肉棒を恵の口の中に入れようとした。

「御口を開けて、恵ちゃん。今からカスミがデッカくて精が出る私特製のビッグフランクを食べさせてあげるね♪」

「ははっ。そのような素晴らしいものを頂けるなんて光栄です。ありがとうございます。聡様」

恵は命令に従い口を開けた。

霞(聡)はゆっくりと恵の口の中に入れた。

「…ん、んうんっ…」

「あ…ぅんっ…あぁんっ」

霞(聡)の肉棒が恵の口に擦れた時、微かに起爆しそうになったのだが、なんとか持ちこたえ無事中まで入れる
ことができた。

「はぁはぁ…。セーフみたいだね。それにしても恵ちゃんの口の中ったら、柔らかいなー。こんなのに包まれ
たら、すぐにでも爆発しちゃうかも~。あぁん♪」

霞(聡)は右手でプリーツスカートをたくし上げたまま左手を恵の頭の上に乗せて抑えた。
そして肉棒を口の中から引いたり押したりを繰り返した。

「はっ、あんっ。恵ちゃん、最高だよ。最高の御口だよ~。お礼にカスミのビッグフランクの味をたっぷりと
味わってね…ひゃんっ…はあんっ!!」

霞(聡)は恵の口の中で何度でもピストン運動を繰り返した。
そして……

「ああっ、カスミ、もう無理みたい。爆発するぅ~~。あっ、あっ、いくっ、恵ちゃん、いくぅぅぅ~~
~、ああああ~~!!」

霞(聡)は膨れ上がるにつれピストン運動が激しさを増し、ついに恵の口の中で肉棒が超新星爆発を起こし
大量の精液を放出してしまった。恵の口の中でに大洪水をもたらした。

「はぁはぁ~…気持ち良かったぜ。女の子同士のセックスは最高だな。あ、俺、今男なんだった。ははははw」

霞(聡)は下を見下ろすと肉棒が収縮されていた。一時的に霞の肉体の暴走を止めたのだ。
そのとき恵は霞の精液をすべて飲み込もうとしていた。

「恵ちゃん、そんなに多く飲める?喉乾いちゃったからカスミにも少し分けてちょうだい」

霞(聡)は恵の口にキスをして舌で口の中を抉じ開けて霞の精液を取り出し自分の口に移し飲み込んだ。

「ああん、おいしいっ。カスミの味だぁっ。酸っぱくてとてもエッチな味がするぅ~~」

そうして何度も吸い続けて恵の口の中にある精液はすべてなくなった。恵と霞(聡)はちょうど半分ずつ
飲んでいた。

「おっ、もうこんな時間か。そろそろ誰かきそうだから、ここから出るぞ!」

「ははっ、了解しました。聡様」

霞(聡)と恵は姿見の前に立ち水道で汚れている口を洗い、身だしなみを整えた。二人は周りの様子を伺い
男子トイレから抜け出し、恵は何事もなかったかのように教室のほうへ戻って行った。霞(聡)は代わりの
ショーツがすべてなくなったのでショーツを鞄の中にある袋に入れてノーパンのまま下校することにした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。