上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「本当にここ歩くの久々だな」

聡は街を歩きながら懐かしい気分に駆られていた。

「そういえば俺、数か月前までは大学4年生だったんだよな。すぐにでも自分の
身体に戻ろうと思ったんだけど、女子中学生の霞ちゃんの可愛さに惹かれて憑依
してそのまま成り済まして生活したまんまだったんだよな……」

聡は歩きながら思い出に耽っていると、生前まで住んでいたアパートに着いた。
そして中に入り郵便受けを調べてみると自分の部屋のところが未だに『永田』の
ままであり空き家であることが分かった。

「まぁ、人が亡くなったんだ。誰も住みたいとは思わないだろうな……ん?これは…」

聡は郵便受けの中に入っている分厚い封筒を手に取った。
差出人は『トイフェル製薬株式会社』・・・・。

それは聡が就職活動の時に訪れ、最終面接で『幽体離脱の薬』をくれた大手企業から
のものだった。

封を開けるとそこには内定通知書があり、どうやら内定していたようだ。
その他には、あのときにもらった『幽体離脱の薬』の詳細が書かれた紙が添付されていた。
聡の飲んだこの幽体離脱の薬は『アインゲヌーゼS40496』という名前であり、幽体離脱する
とともに自身の持っている我欲を限界を超えて高めてくれることがわかった。

「なるほど、通りで今までマンネリを覚えることがなく、あきなかったわけだ・・・・」

聡の場合は、『あの子になりたい・・・』という我欲を持っている。
可愛い女子中高生にでもなって得をするような楽しくて幸せな人生を送りたい。どんなに頑張っても
報われない嫌な現実から逃れたかったのだ。

聡の人生は散々なものだった。
父親は『有限会社 永田クリーンワークスジャパン』という零細企業の社長であり、酒・煙草好きで
女癖は悪くすぐに女に手を出していた。また幼い聡は虐待をたくさん受けていた。
職場ではセクハラやパワハラが日常茶番時だった。
また小中学とも学校で苛められ友達もできず、ずっと孤独だった。

聡が中学3年生になったときのことだった。
そんな父親の日頃の行いが災いし、嫌気をさした従業員の手によって夜中、家兼事務所に火を付け
建物を全焼させてしまった。

それにより火に巻き込まれた父親は死亡。聡は奇跡的に助かったのだがもうすでに自分の居場所がな
く父方の遠い親戚の家に引き取られることとなった。
高校に入学したころ・・・・
聡には母親はおらず、不倫相手との間でできてしまったということが親戚を通じてようやく知ってし
まった。

そして高校を卒業するとともに就職をしようと思ったのだが、ちょうど不景気で求人がなく高卒では
厳しいらしく親戚の家を出て一人部屋をなんとか借りることができて毎日のようにアルバイト
(引越し・事務所移転・資材搬入搬出・会場の設営撤去など)をして生計を立て大学に通っていた。

そして大学4年生の就職活動時に電車で楽しそうに話している女子中高生の姿を何度も見かけた。
そこに輝いている何かが見えてしまい、羨ましいと思い他人が幸せそうな雰囲気に嫉妬し始めた。
自分の人生にはない何かが彼女らにはある。聡は奪ってでも手に入れたいと思った。
人並の幸せを・・・・

それをこの幽体離脱の薬『アインゲヌーゼS40496』は助けてくれたのだ。聡にとってはこれが神から
の贈り物のように感じた。
これのおかげで聡は女子中学生の木下 霞に憑依でき彼女として幸せな生活を送ることができるように
なった。

この少女の肉体こそが今まで居場所がなかった聡にとっての素晴らしい居場所となったのだ。
聡の傷ついた魂をこの身体は受け入れ何度でも癒し慰めてくれる・・・・。

聡はここが本当の自分の居場所なんだと確信し、全くの他人である少女の身体を純愛し、ずっとこの
場所にいたいと思い、これから先も『木下 霞』として生き続けることを願った・・・・。

『この子になれて本当によかった・・・』

聡は心の中で想いを呟き、この少女の身体に敬意を表しずっと大切にしたいと改めてそう思った。



スポンサーサイト
「不思議だな。憑依の力を借りなくても…違う手段でこうして正真正銘の女の子として
外を歩くことができるなんてな」

女性化した聡(正確にはパラレルワールドの聡の身体)は霞から冬用セーラー服を拝借
して街を散歩していた。
街にいる人は皆、聡に特に視線を交わすこともなく驚いた表情もなく素通りしている。
周囲の人たちの目からは女子高生が一人で歩いているようにしか見えないようだ。

「ははは。愉快だな。堂々と歩いても変に思われないぞ。…これからどこへ行こうかな。
霞ちゃんの中学校にでも侵入しようかな。この地区にある女子校にも入ってみたいな~
。まぁ、このまま街をぶらぶら歩いてみるっていうのもいいか」

聡はニヤニヤと笑みを浮かべながらひたすら歩き続けた。
霞とは違う…自身の女性としての身体で外を堂々と歩いており、聡はなんだか新鮮な気分
に駆られた。

とそのとき駅が見え、聡はそれに乗ることにした。

「ちょうどいいや。この街から出ていろんな場所に行ってみよう」

聡は切符を買い、ホームへ向かい適当に電車に乗った。
昼間なのだが、電車の中はそこそこ人が多く座席がなかったので聡は立つことにした。

そして電車が発車すると周囲が揺れ動いた。
聡の女性化した身体は男性の時よりも力が落ちていることにすぐに気がついた。

「これから…そうだな。俺の元々住んでいた街にでも行ってみようかな。この姿で行ったら
誰も気付かないだろうな」

電車は何事もなくそこまで着くと思われたのだが、聡は一瞬身体の一部に刺激が走った。
横にいる中年男性の手が聡のプリーツスカートの中に忍び込み敏感な部分をショーツ越しから
撫でている。

(ん?なんだ、ただの痴漢か。まさか俺の身体で痴漢されるとは思わなかったな。それだけ俺
が可愛い女の子に見えるってわけか。だったら便乗してやってもいいかな)

「はんっ、いぃっ…」

聡は小声で男性に聞こえるように少し喘いで見せた。
すると男性は興奮したようで何度も聡の秘部を撫で続け、その度に聡は喘ぎ声を小さく男性に
向けて響かせる。
普通は自身の身体が何者かに犯されたら不快に思うはずなのだが、聡はそれを特別に許容した。
今の聡は気分が良く痴漢のひとつくらい見逃すことにした。

「あぁん、いいっ…もっとお願い…私に痴漢してぇっ」

そういうと男性はさらに興奮し手の動きが激しくなった。聡は秘部を男性の手で犯されぐちゃぐ
ちゃになりそうな気分になり、逝きそうになった。

と、そのとき目的地の駅に着いたため大勢の人に紛れて聡も降りていった。
中年男性も満足そうな笑みを浮かべ降りて行った。

「ふぅ~、危ないところだったぜ。もう少しで逝くところだった…」

そうしてホームを出て改札を抜けて駅を出ると懐かしい街にたどり着いた。

「久々だな、この街も…」

女性化した聡は笑みを浮かべ街を歩き始めた。

「はぁっ、いいっ、あっ、あぁん」

霞の姿に女装した聡は霞がベッドで寝ている目の前でプリーツスカート上に盛り上がっている部分に手を
当て摩擦させ始めた。

「ああ、いぃっ、気持ちいいよ、あっ、ああぁ~ん」

そうして聡はプリーツスカート、ショーツの中に隠し持っている男性の象徴である肉棒を刺激させた。
少女に成り損ねたセーラー服女装男の囀りが部屋中いっぱいに響いた。

「うぅ…あぁ~!!」

聡の肉棒は起爆し精液を純白ショーツにすべてかけてしまった。

「はぁはぁ。いっぱい出たなぁ。だけどこれだけでは終わらせないぞ」

そういうと聡はベッドの下からダンボールを取り出し、その中から性欲剤の入ったドリンクを10本取り
出した。

「今日はオナニー祭りだ。これで俺の身体も何回でも抜くことができる」

聡は性欲剤を10本とも飲みほした。
すると…

「あっ、ああっ、あぁぁー!!」

聡の身体は徐々に熱くなり汗をかき始め身体が圧迫されるのを感じた。身体が荒れ狂い長髪のカツラが
取れ身につけているセーラー服、下着がびしょ濡れになった。
それが数分間続きようやく落ち着くと聡は姿見の前で自分の姿を見た。

「なっ、なんだ!これは…。これは俺なのか」

そこには女性の姿が映し出されていた。
聡に少し似ており面影はあるのだがそこに映っているのは女性だったのだ。

聡はセーラー服、下着を脱ぎ全裸になり身体の様子を伺った。
胸はCカップほどの大きさになり、股間にはあるべきものがなく髪は伸び身長が縮み肌が艶やかになり
身体全体が小柄になっていた。

「もしかして…これは性欲剤の飲みすぎで女性化した俺の姿なのか」

言葉を発すると声も女性のように高くなっており、聡はこれが女性化した自身の姿だと気づいた。
霞には劣るが中々の美人だった。

「これはすごい。この薬一気に大量に飲みすぎると性転換の薬にもなるんだなぁ」

女性化した聡は姿見の前で喜びの笑みを浮かべた。
自身の身体でようやく女性に成ることができたという満足感が聡の心にみなぎった。

「よし、これなら躊躇いなく外に出られるな。今の俺はどこからどう見ても女の子だ」

聡は浴室に向かいシャワーをして身体を清めた。
それが済むとハンガーに掛っている冬用のセーラー服と新しい下着を手に取り着替えた。
今の女性化した聡の身体は霞より少し大きい程度であり、ちゃんと着ることができた。

セーラー服を着た女性化聡は中学生には見えなくとも高校生には見え、誰が見ても違和感は
なかった。

「よし。準備完了。さっそく出かけるか…女の子としてね」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。