上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
香織(聡)は霞(大樹)の唇と唇は繋がり深く厚くキスをした状態となり、聡の魂は彼女らの唇を
通じて香織の身体から霞の身体へ移動した。そして霞の中にいる大樹の魂を香織の身体の中に追い
出した。

「ほら、大樹君。目を開けて!」

聡は霞の身体に入っても、香織を演じ続けた。

『あれ…少し意識が遠のいたような…。あれ!目の前に霞ちゃんがいる。さっきまで僕がその身
体に入ってたのに……。あっ、ということは…!!』

「そう。今度はこれが大樹君の身体ね」

霞(聡)は姿見を見せた。
すると、そこには香織の姿が映し出されていた。

『い…いまの僕が香織ちゃん?』

「そうだよ。今の大樹君はどこからどうみても私…大山 香織だよ。ぐふふ」

『こ、この僕が霞ちゃんだけじゃなく…大好きな香織ちゃんになれるなんて夢にも思わなかっ
たよぉ。なんだか僕今までで一番うれしいなぁ。まさか成れるなんて…!』

香織(大樹)はこれまでにないくらい大喜びした。

『香織ちゃん、本当にありがとね』

「ぐふふ。何言ってるの?私は今から霞だよ。香織は大樹君のほうじゃんw」

『ああ、そっか。ごめんね。てへへ…』

「今日1日中、私の身体を借りていいよ」

『え、そんなに借りていいの?ありがとう』

「そうと決まったら、これから2人でデートしよっか?こうして手を繋いでさぁ~」

『ぼ、ぼくで良ければ是非とも。いや~、でも照れるなぁ~』

「じゃあ、さっそくこれに着替えて行きましょ」

霞(聡)は冬用セーラー服を手に取り香織(大樹)に渡した。

『こ、これは香織ちゃんが学校で毎日着用しているセーラー服…。はぁはぁ、香織ちゃんの
匂いがする~。良い匂いだぁ』

香織(大樹)はセーラー服を無我夢中で鼻に擦り嗅ぎ始めた。

「くふふ…。それじゃあ、私は下で待ってるからね。(ははは、この変態め。ゆっくりと
楽しんでもいいんだぜwww)」

霞(聡)がその場を去った後、香織(大樹)は身に付けている私服をゆっくりと脱ぎ全裸に
なった。

『ああ、僕、香織ちゃんの身体で全裸になっちゃった。恥ずかしい』

香織(大樹)は緊張しているようで頬を赤らめた。
そして少し間を置いて下着に手を出した。緊張し躊躇しながらブラやショーツ、シャツ、
ソックスをゆっくりと身に付ける。
それが済むと、プリーツスカートを手に取り穿いた。

『ああ、穿いちゃった。このヒダの手触りがなんか良い…擦りたい……』

そして最後に制服上着を手に取った。これもゆっくりと頭から潜り込ませ身に付け横ファスナー
を閉じネクタイリボンを付けホックを閉じ着替えは完了した。

姿見の前にはセーラー服を身に付けた香織の姿があった。
彼女は可愛らしい笑顔で微笑んでいた。

『はぁはぁ~。制服姿のいつもの香織ちゃんだ。またこんなに元気な姿が見られるなんて
僕は嬉しいよ。……今はこの笑顔も身体も僕のものなんだね。愛してるよ、香織ちゃん』

香織(大樹)は姿見に映し出された自身の姿にキスをした。すると、映し出されている
彼女も香織(大樹)に向かって同じようにキスをした。

『ああ…なんだか身体が熱い。ムラムラしてきちゃったぁ。ああっ!!』

香織(大樹)は左手で胸を揉み解し、右手でスカート越しで股間部分を撫で始めた。

『はぁ~、あんっ。気持ちいいよぉ、香織ちゃん。気持ち良すぎて僕いくぅ~。ああああっ
!!!』

香織(大樹)はあまりの快感に理性を失い手の動きは荒くなり、香織の身体でひたすら快楽
を求めてるようになっていた。

『ああん。もういくっ。いくよぉ~、香織ちゃん、あああああ!!』

香織(大樹)は身体の熱が増し、ついに女としての絶頂を迎えようとした時……
急に部屋の扉が開き香織(大樹)は手が止まった。

「もう香織ちゃんったらぁ、ナニしてたのぉ?そろそろいくよw」

『う…うん。そうだね。かおr…かすみちゃん!』

女子中学生二人は仲良く手を繋ぎ外に出た。恋人であるかのように……


スポンサーサイト
そして翌々日の夕方。
霞(聡)は、いつものように学校の授業が終わり帰宅した。

「ああ、今日が約束の日だったな。どんなプレイで遊ぼうか楽しみだ」

家に着くとさっそく自分の部屋に入り霞の身体をベッドへ寝かせ離脱し、
霊体となった聡はすぐに香織の家へ行った。

部屋を覗くと香織はベッドで眠っている。体調が未だ完全には回復していないようだ。
聡はさっそく眠っている香織に憑依し大樹が来るのを待った(スタンバイした)。




午後3時頃、大樹は商店街にある雑貨屋から小さな箱をもって歩いて行った。

『ああ、どうしよう。香織ちゃんに渡すプレゼント選んでたらこんなにも時間が経ってしまった。
早くいかないと』

大樹は信号を無視し、大好きな彼女のもとへ急いで向かった。
だが、そのとき……大きな騒音が大樹に近づき振り向いたころにはもう遅かった。
大樹は自動車に轢かれてしまい血を流しながらその場に倒れていた。




『あ、あれ…。なんで僕がそこに倒れてるの。どうしてそんなに血を流してるの……。僕はこれ
から香織ちゃんに会いに行くのに…。これからこれを持ってプロポーズしに行くのに…。会いたい
よぉ、香織ちゃん。もう一度だけ会いたいよぉ……』

近くには雑貨屋で買った小さな箱があったのだが、それを手にしようとしたのだが通り抜けて掴む
ことができなかった。
そして大樹は自身の地面に血を流して倒れている姿を見ながら泣きながら香織への想いをぶつけた。

…と、そのとき…
大樹の視界が急に歪んだ。

『あれ?これはいったい…』

周囲の人や建物、風景が捻じ曲がった。そして気が付くとそこは……




「あ、あんっ♪」

香織(聡)はパジャマから普段着に着替えて大樹が来るまで秘部を弄り暇を持て余してた。

「はぁはぁ、香織ちゃんもなかなかの感度じゃないか。これはますます楽しみだな。今度はセーラ
ー服に着替えてオナニーをしてみよう」

…と、そのときだった……
香織(聡)はハンガーに掛っている冬用セーラー服を取りに行こうとした時、目の前に急に大樹の
姿が現れた。

『あれ、香織ちゃん…』

「お、おま……いや、大樹くん、なんでここへ?(まさか…、こいつ死んだのか)」

香織(聡)は大樹を見てすぐに霊体だと気付いた。
大樹は香織に会いに行こうとしたのだが交通事故で死亡し幽霊として香織の前に現れたのだ。

大樹はこれまでの経緯を話し別れを告げようとしていた。

『こんな僕に親切にしてくれてありがとね。大好きだよ、香織ちゃん。最後に渡したいものがあるんだ。
受け取ってよ…』

「うん…(ちっ、仕方ないな、合わせてやるか)」

大樹は霊体でありながら小さな箱を持ち上げ中を開けて玩具の指輪を取り出した。

「まぁ、これを私に?ありがとう…」

香織(聡)は(作り笑いなのだが)笑顔で受け取った。

『じゃあ、そろそろ逝くね。さようなら、香織ちゃん』

「あ、待って!!」

物足りなかった香織(聡)は大樹を呼び止めた。

「私、大樹くんの彼女になりたいの。だから、私とハジメテをしよぅ…」

『でも、僕はもう…この通り死んでしまったし、香織ちゃんに触れることなんてできないよ』

「それなら大丈夫。私に良い考えがある。だからここでちょっと待っててね」

香織(聡)は携帯電話を取り出し部屋を出た。
誰かと話しているようだった。

それから数十分後、インターホンが鳴り香織(聡)が外に出ると霞の母親がいた。
自動車でここまで来たようだ。そして車の中にいる魂の入っていない霞の身体を運び
香織(聡)に渡して帰って行った。

「さぁ、霞ちゃん。私と一緒に部屋に行きましょうねぇ~」

香織(聡)は嫌らしい笑みを浮かべながら部屋へ戻って行った。

「大樹君!連れてきたよ、大樹君の身体を…」

香織(聡)は夏用長袖セーラー服を身に付けた少女をベッドに降ろして言った。


『こ…この子は確か香織ちゃんの…』

「そう。私の大事な友達の霞ちゃんだよ。彼女に憑依して私と一緒に楽しみましょ」

『そんな…女の子の身体に憑依だなんて…それに…』

「大丈夫。霞ちゃんも同意してくれたしねw」

『それなら……』

大樹は緊張しているようで霞の身体に恐る恐るゆっくりと近づき憑依した。
霞がゆっくりと目を開けて身体を起こした。

「さぁ、これを見て確認してよ。これが今の大樹君だよ」

香織(聡)は姿見を大樹に見せた。
姿見の前にはセーラー服を身に付けた少女の姿が映し出されていた。

『え~と、こ…これがぼく?』

「そうだよ。これが大樹君だよ」

大樹は霞の身体……初めて女の子の身体に憑依し緊迫と恥ずかしさと喜びが混じり合った
感情がこみ上げてきた。

『まさか…僕が女の子になれるなんて思わなかった』

「良かったね、大樹君。じゃあ、始めようか」

香織(聡)は霞(大樹)のプリーツスカートを捲りショーツの上から秘部を撫で始めた。

『あっ、ああっ、そこは!』

「ぐふっ、どう?気持ちいいでしょ?これが女の子の感覚なんだよ」

大樹は霞の身体を通じて女の子の性感を初めて体験しすぐに身体が敏感になってしまった。
霞(大樹)は身体が熱くなり顔を赤らめた。

「くふふ。かわいい。身体は霞ちゃんだけど中身は大樹君なんだね…」

香織(聡)は霞(大樹)にキスを交わした。それから霞の巨乳をセーラー服越しから揉んだ。
そしてセーラー服を半分脱がそうとして乳に顔を近づけ一回舐めてみた。

『あ、ああっ、香織ちゃん、それ以上は…ああああっ!!』

「それ以上ってなに?まだ始めたばかりじゃない…くふふ」

香織(聡)はお構いなしに霞(大樹)の乳首をやさしくかじり舌で舐めまわした。さらに左手
を使ってショーツを少し脱がして秘部をゆっくりと撫で始めた。

『はぁ~、ああっ、だめえぇ、そこは!!』

香織(聡)は手慣れてるかのように霞の身体を扱き苛め続けた。

『あああ、だめぇ~、ああっ、いくうううう~~、ああああああ!!!』

少女には決してできないであろう……香織(聡)の猛攻な手クニックにより霞(大樹)のツボを
ついてすくに逝ってしまった。

「大樹君、もういっちゃったの。しょうがないなぁw(ははは、霞ちゃんの身体に関しちゃ俺は
スペシャリストなんだぜ。逝かない奴はいないなw)

『ご、ごめん香織ちゃん…。でもなんだか気持ち良くて。こんなに気持ちいいの生まれて初めてだよ』

「そう、それは良かったね。今度は私の身体、使ってもいいよ」

『え?それはどういう…』

「今度は私が霞ちゃんの身体に入るから、大樹君は私になってね。恋人同士お互い楽しみましょう。
ぐふふ!!」

香織(聡)は霞(大樹)の身体を押し倒しディープキスをした。


霞(聡)は車を走らせ家へ着きさっそく自分の部屋に入りベッドに寝転がった。

「それにしても夜は大盛り上がりだったな。大分気分が落ち着いたようで俺も大輔
のように消されないように今日から目立った行動は取らないようにしよう。なんて
ったってこれは霞ちゃんがくれた俺の大切な身体なんだからな。うへへ」

霞(聡)は時計を見て時間を確認した。

「今が午前4時30分か。なんだ、まだまだ時間があるじゃないか」

聡がそう言い霞の身体から離脱した。

「少し散歩でもしてこようかな」

霊体になった聡は壁をすり抜け宙に舞い街の様子を眺めた。

「そうだ、沙織のやつ、どうしてるかな。見てこようっと」

聡は沙織の住むアパートへ行き部屋の壁をすり抜け中へ入った。
すると…

『あっ、あっ、ああん、いいっ、きもちいいっ!!』

沙織は性欲剤の影響もあり理性を失い、生えてしまった肉棒をずっと扱いていた。

「ははは。やっぱり扱いてたか。男のそれは気持ちいいだろ、沙織。消えるまで
ずっと扱き続けるといいぜ」

聡はそれを見て満足そうに去って行った。
そして次は恵、美由紀の家へと次々に家庭訪問し寝顔などを見て堪能した。
最後に訪れた少女の家にはパトカーが止められており女子高生の制服を身に付けた
中年男性が捕まっていた。

「さてと帰るか…と思ったけど香織ちゃんの家がまだだったな」

聡は香織の家を向かうと、香織のいる部屋をずっと覗いている少年がいた。
少年は正体がばれないように帽子にサングラス、マスクを服装はコートを身に付け
近くの電柱に隠れ部屋を双眼鏡で中を覗こうとしていた。

『はぁはぁ、香織ちゃん。今日もお休みなんだね。僕、香織ちゃんの姿が見れなくて
とても寂しいよ』

「この声はどこかで聞き覚えのある声だな」

聡は近づき顔をじっくり見ると、少年の正体は工藤 大樹だったのだ。
パラレルワールドでは聡の手助けで香織に成り済まし生活を続けているのだが
元の世界では学校は不登校で全く行かず、どうやらずっと香織をストーキングしてい
るようだった。

「ははは。全く仕方ない奴だな。俺がちょっくら協力してやろう…」

聡は香織の家の壁をすり抜け中へ侵入していった。
部屋で香織がぐっすりと眠っている。起きる気配は全くない。

「お休みのところ悪いね。ちょっとの間だけ身体を借りるね」

聡は熟睡している香織の身体に重ねた…。




『はぁはぁ、香織ちゃん。今日も学校に登校してこないのかな~。早く元気な姿を僕
に見せてよぉ』

大樹は相変わらず香織の部屋を覗こうとしていた。
と、そのとき…

「そんなところにいると私の姿がよく見れないよ!」

聞き覚えるのある少女の声が聞こえ大樹は反射的に前方を見ると、パジャマの
上にジャンパーを羽織った香織の姿があった。

『かかかk、かおりちゃん……どうして…』

「私が見たいんでしょ?だったら付いてきて。たくさん見せてあげるよ」

香織は不適な笑みを浮かべ大樹を家に招き入れた。

「うちの親はまだ眠ってるからバレないように静かにね」

『わかった…』

そして部屋に辿り着き二人は中へ入り鍵を閉じた。

「これで誰も入ってこれないね」

香織は怪しい笑みを浮かべて言った。

『でも、どうして僕なんか…』

「私のこと、今までずっと見てたでしょ」

『ああ…それはごめん…』

「いや、私、誰かに見られるのが大好きなんだ。だから今まで私のことをたくさん
観察してくれてありがとう。今日はお礼に私の非公開な部分を全部見てもいいよ」

香織はジャンパーを脱ぎパジャマのボタンを外し脱ごうとした。

『そ…そんな…ええと…』

それを見た大樹は突然の事態に戸惑い興奮し照れていた。

「あっ、大樹く~ん。ズボンのそこ、なんだか膨れ上がってるよ。どうしたの?」

香織は大樹のズボンのファスナーを外し中からトランクスの中に隠れている肉棒を
取り出して嫌らしい手付きで撫で始めた。

『か、かおりちゃん…そこは……』

「ふふふ、今日はこれくらいにしておこうね。…明後日の夕方の4時頃、また訪ねて
きてね。たぶん、その時間帯だったら親がいないと思うから。そのとき続きを楽しみま
しょう~」

『うん、明後日絶対に行くよ…』

「そうだ、最後に私の秘密の部分撮っても良いよ~」

『本当に…ありがとう』

香織は大樹の目の前でパジャマを脱ぎ捨て産まれたときの姿になった。
さらには香織は体操服、スクール水着、セーラー服に着替え恥ずかしいポーズ
を披露させた。
大樹は必至でそれを眺め何枚も何枚も違うアングルで撮影した。

そうして香織の特別写真撮影会は幕を閉じ大樹は香織と別れ去って行った。

『はぁはぁ、まさかこんなことが起こるなんて思ってもみなかったな~。香織ちゃんが
こんなにも僕のことを想っていたなんて知らなかったよ。あ~、明後日の夕方が楽しみだ
なぁ』

大樹が満足そうに帰って行った。




「あはは、成功だな。大樹のやつ、大分舞い上がってるようだな。まぁ、無理もないか。
あれだけサービスしてやったんだからな」

香織は男性のような荒い口調で笑みを浮かべながら二階の自身の部屋の窓から大樹が去るのを
見届けた。

「さてと、用も済んだしこの身体から離脱するか」

すると、香織はベッドに倒れ中から聡の霊体が出てきた。

「香織ちゃんの記憶によると大樹のことは話したことはおろか顔すら知らないようだな。まぁ、
いいか。いざとなれば洗脳とかすれば……俺もそろそろ霞ちゃんの身体に帰ろうかな」

聡はそう言い香織のもとを去って行った。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。