上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
聡と幼女の霊3人は逸れた友達を探していた。
だが、学校中どこを探しても見つからなかった。

『みつからないなー』

『どこだろー』

「あ、そろそろ、俺の大切な身体を家に帰してくる。すぐに戻るからね」

『うんー』

『わかったー』

時刻は20時。
すっかり夜になり遅くなりそうなので聡は霞の身体に憑依し霞の身体を家に帰宅させる
ことにした。

「ああ・・・身体がムラムラする。そういえば性欲剤を飲んだままだっけな・・・。これが
片付いたらたくさんオナニーをしないとなw霞ちゃんも気持ち良すぎてきっと喜ぶぞw」

敏感な状態となった霞の身体での自慰を我慢し家に着いた霞(聡)はすぐさま部屋に入った。

姿見で自身の姿を見ると、ついつい欲情し胸に手を当て・・・・

「あ、あん~、いつ揉んでも気持ちいいぞ。何度でも逝けるっ」

というふうに少しだけ揉んだのだが・・・・・

「おっと、また逝くところだった。これは帰ってきてからのお楽しみだなw」

なんとか堪えてセーラー服を床に脱ぎ捨てパジャマに着替えさせ霞の身体をベッドの上で
眠らせ身体から離脱した。

「おやすみ、霞ちゃん。これからちょっとお仕事をしてくるからしばらく眠っててね。
・・・・帰ってきたらたくさん可愛がってあげるよ。うへへw」

聡は霊体となり学校へ向かった。
だがその途中・・・・辺りを浮遊していると幽霊仲間の堀川 直弘を道でばったりと遭遇した。

「おっ、直弘じゃないか」

「おお、聡か」

「こんな時間にどうしたんだ?」

「いや・・・いつも大輔の身体だから可愛い女の子にでも憑依して遊びたいなって思ってね。
あの時は男の身体に憑依してるとたくさんの女の子と遊べると思ったけどなんだかなぁ。
そういうお前こそ、どうしたんだ?いつもはあの子・・・霞ちゃんの身体の中に入った
ままなのに・・・・」

「ああ、これからちょっと用事があってね。家に置いてきたんだよ」

聡は今までの経緯を説明した。

「・・・・お前も暇ならついてくるか」

「おお、いいねー。なんだか面白そうだな。俺もついてくよ」

「そうかw じゃあ、決まりだなw」

聡と直弘はテンションが上がりニヤニヤと笑みを浮かべながら学校へ向かった。


スポンサーサイト

「おい、部屋に誰かいるのか」

部屋の鍵は掛っていなかったようで
霞(聡)は部屋のドアを易々と開けることができた。

だが部屋には電気が付いていなかった。
妙だと思った霞(聡)は中に入った。

するとそこには・・・・

『ミト!今のパート間違ってるよ』

『え~、そうかな~』

『いいから早くやろうよー』

そこには外見上、6歳前後の女の子・・・・
ピンク、緑、金髪をした幼女の霊が3人おり音楽器を奏でていた。

「幼女・・・・。どうやら俺の探してる変質者じゃなさそうだな。
・・・そこで何をしている」

霞(聡)は彼女らに問いかけると・・・・

『あ・・・ああ・・・・人だ』

『どうしよう、見つかっちゃった』

『だからもっと遅くにやったほうが良かったって・・・・』

彼女らは霞(聡)に見つかり慌てていた。

「おい、落ち着け。俺も仲間だ・・・・」

聡は霞の身体を離脱し霊体となった。

『ああ、なんだ。幽霊か』

『びっくりしたー』

『ほっとしたー』

「見たところ・・・・ここの中学の生徒の霊ではないようだな」

『え・・・ここ小学校じゃないの?』

『そんな・・・・』

『いや、確かにここが生前私たちが通ってたところだよ』

聡はとあることを思い出した。霞の身体に憑依してるときに読み取っていたのだが
昔、ここが小学校だったということを・・・学校の授業で聞かされていたことがわかった。

聡はそのことを彼女らに説明した。

『あ~、なるほど』

『そうだったの~』

『なっとく』

3人はそれに納得した。

『それなら大分時間が経ったみたいだね』

『今年こそ、4人で演奏をしたいな』

「ん?4人で?」

ここには3人しかおらず、あと1人誰かいるらしいことがわかった。

『そうなのー。気付いたら逸れてしまったの』

『私たち、4人そろわないと演奏ができない・・・』

彼女らは困ったといった表情で落ち込んでいた。

「(変質者探しも楽しそうだけど、こっちも幼女に囲まれてなんだか楽しそうだなw
おいww)・・・・よし、じゃあ、俺も一緒に探すの手伝ってあげよう」

『え、いいの?』

「ああ、4人で演奏やりたいんだろ。協力してやるよ」

『ありがとう~、お兄ちゃん』

「ああ、困ったことがあったらお兄ちゃんになんでも相談するんだぞ。協力してや
るからさw(うはww幼女に頼られるオレ最強www)」

『あ・・・・そうだ。自己紹介がまだだったね・・・・私の名前は・・・』

ピンク髪の子がミト、緑髪の子がレゴ、金髪の子がジャノ
彼女らは順に名前(ハンドルネーム)を名乗った。

「おお・・・よろしくなw」

聡は気分的に有頂天に達し3人の幼女の霊と一緒に逸れた友達の霊を探すことにした。

次の日の朝。緊急で全校集会が行われた。
夜に校内で変質者が目撃され・・・・なんでも部室からよくセーラー服や体操服、
下着などが盗まれているとのことだった。

「変質者か。俺も(捕まらないように)気を付けないとなw」

それが終わると教室へ戻った。
そして授業が始まる前にドアが開き、一人の少女が入ってきた。

「おはよう・・・・」

彼女は霞(聡)に声をかけた。霞(聡)もにこやかに挨拶を返した。

「おはよう、香織ちゃん。病気のほうはもういいの?」

「・・・・うん、しばらく休んだから大丈夫」

「そう、それはよかったw また一緒に(身体を弄ったりして)遊ぼうねw」

「うん、そうだね」

そうしていつもどおりに時間が経ち放課後となった。
放課後はいつもどおり霞(聡)は洗脳済みの女子生徒らを集め学園祭の準備・練習を熱心に
繰り返していた。

「・・・・じゃあね、霞ちゃん」

「うん、またねw」

復帰したばかりの香織を除いて練習に励むことにした。

そしてそれも終わり女子生徒らを全員帰宅させた・・・・

「はぁはぁ、今日も疲れたなぁ。帰る前に一服していくかぁ」

女子生徒らが全員帰った後、霞(聡)は性欲剤を飲み性欲を復活させ香織の机の角を
利用して秘部を刺激させていた。

「ああ、いくぅ、いくううぅ~~、香織ちゃんの机の角でいっちゃう~~、香織ちゃん、
ごめんね、でもこんなに気持ちいいことやめられないの、ああん。私ってなんて嫌らしい
のぉ~、またエッチな汁が出ちゃう~、ああああ~~!!!ひゃん、はああん~、きも
ちいいっ、ああん、香織ちゃん、いくぅ、いくうううううぅ~~!!ああああああ!!」

霞(聡)は香織をオカズに妄想して喘ぎ声を教室中に響かせ逝ってしまった。

「はぁはぁ。角オナ気持ち良かったなぁ。またこんなにやっちゃったぜぇ。
性欲剤を飲んだからまだまだ逝けるがそろそろ帰ろう」

すっかり暗くなっていたため霞(聡)は理性を多少取り戻して教室を出て学校を去ろうとした。

だが、廊下を歩いていると近くの部屋から物音がした。

「おっ、もしかして朝に言ってた変質者かw面白そうだから行ってみようw」

霞(聡)はニヤニヤと笑みを浮かべ中へ入った。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。