上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「あああっ、いいっ、いぐんっ、ああああっ・・・。はぁ・・・はぁ・・・また、イッ
テしまったか。しかし、女の子の身体って最高だな、こんなに気持ちいいとは思わな
かったぜ・・・よし・・・もう一丁・・・・ああああっ・・・・・ああああっ!!」

都内にあるボロアパートの一室。
男染みたその部屋で15歳くらいの女の子が紺色のセーラー服を淫らに着こなしたまま
ベッドの上で胸や秘部を扱き快感を味わっており彼女は男性のような荒い口調で何度も
喘ぎ続けていた。

「はぁ・・・・はぁ・・・・そういえば今日がこの子の入学式だったな。すっかり忘れ
てたぜ。ということはこの中学の制服はもう必要ないな。へへへへ。」

彼女はセーラー服を床に脱ぎ捨て棚の中にあるベージュ色のブレザー、ブラウス、赤い
リボン、紺と赤のチェック柄のプリーツスカートを手に取り身に付けた。

「さてと今日がこの子の高校デビューの日だっ!俺がココでニューガクさせてや
るよ・・・・それじゃあ、イッテきまぁ~す・・・・・・・はああんっ、はあああんっ!!」

彼女は再びベッドに寝転がり先ほどと同じように胸や秘部を扱き始め快感に浸り淫らな
声で喘ぎ続けた・・・。




あれは4月1日の夜の出来事である。
会社員の田沼撤兵は帰宅途中、道の曲がり角で誰かにぶつかり地面に倒れた。

「いててて!おっ、おいっ!気をつけろ!」

撤兵は自分とぶつかった相手の姿を見ると驚愕してしまった。
最初は20代半ばくらいの自分と同じ年代の会社員男性だと思っていたのだが顔をみると
そこにいるのは自分であることに気が付いた。

「なっ、なんで俺がそこに・・・・。ん?何だか声が変だぞ!そっ、それに・・・・何
だ?この服装は?」

撤兵はすぐに違和感に気が付いた。声が女性のような甲高い声に変わっており服装は
ベージュ色のブレザー、ブラウス、赤いリボン、紺と赤の入ったチェック柄のプリーツ
スカートを身に付けていた。

手には荷物が入ったバックをもっており自分ではないような気がした。

早く家に帰りたかった撤兵は倒れている本来の自分の荷物、財布、携帯電話を取り出し
自分の住むボロアパートに帰っていった。

アパートに着いた撤兵は部屋に入ると自分の姿が気になり、明かりを付けて姿見をみると
そこには15歳くらいの可愛らしい女の子がうつっており、またしても驚愕した。

「こっ、これは・・・・俺なんだよな?」

撤兵は手足を動かすと鏡の向こうの少女も同様の動作をした。
女の子になってしまった今の自分の姿に見惚れてしまった撤兵は興奮してしまい制服
越しから胸を揉み始めた。

「はぁっ・・・・・・あああっ・・・・・・なっ、なんだっ、これは・・・・・?すご
く気持ちいいぞっ!!」

撤兵は胸だけに止まらずスカートを捲りショーツを脱いだ。すると姿見に女の肉ビラが
うつし出された。

「こっ、これはすごい・・・・。あああっ・・・・・・。」

撤兵は手でその部分を撫で始めるとすぐに反応してしまった。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。