上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盗奈(聡)はこの女性の『霞化』を進める第一歩として霞が普段身に付けているような
服装を調達することにした。
聡はセーラー服フェチなのでセーラー服がすぐに頭に浮かんだ。

香織(直弘)に頼んで持ってきてもらっても良かったのだが、この女性・・・・股城盗奈は
侵入と盗みが得意らしいのでせっかくなのでその能力を活かしあえて霞が通うはずの中学校
に忍び込む事に決めた。

そして20時になった頃に盗奈は部屋にあったリクルートスーツを身に付け鞄を持ち教職員
のような身なりになり自室を出て学校へ向かい盗奈(聡)は誰にも怪しまれることはなく難
なく学校へ侵入することができた。

「さてとどこを狙おうかな」

盗奈(聡)は廊下を歩いていると1階の教室の机などに女子の制服があちこちに置かれて
いるのを発見した。
どうやらどこかの運動部が控え室代わりに利用したものだろう・・・。
周囲には誰にもおらず盗むにはちょうどいいチャンスだった。

盗奈(聡)は盗みが馴れているようでためらうことなく机の上に置かれているひとつのセー
ラー服に近づき手に掛け鞄にしまい教室を出て廊下を慎重に歩いた。

「誰かに見つからないと良いが・・・・」

そうして警戒しつつも入口を出て校門を抜け学校を去って行った。

「よし、誰にも見つからず外に出ることができたぞ」

盗奈(聡)は運よく犯行を誰にも目撃去ることはなくアパートへ向かうことができた。
そしてアパートへ自室に着くとさっそく鞄からセーラー服を取り出して着替えることにした。

「身体から離脱できない以上、この女には当分霞ちゃんのようになってもらうぜw」

盗奈(聡)はそう言ってリクルートスーツを脱いで下着姿となった。

「下着も派手だなぁ。まぁ、今のところは別にいいか」

そう呟きながら盗んできた夏用長袖セーラー服を着替えた。
姿をみるとセーラー服を身に付けた盗奈の姿が映し出されていた。

盗奈は実年齢よりも老けており30歳くらいに見える。そのため身に付けている女子中学生の
サイズのほうは(やや小さめなのだが)まぁ大丈夫のようだった。

そしてセーラー服は似合わずコスプレのように見えてしまった。

次にインターネットで霞と良く似た黒髪ロングの髪型をしたウィッグを注文した。

あとは化粧などをして少しだけ皺などを誤魔化し年齢相応な容姿になった。
だがまだ霞の姿・・・・女子中学生の姿には近づけなかった。

「うむ。やっぱり別の人間で顔も何もかもが似てないからな。似せるほうが無理というわけか」

とそのときだった。盗奈(聡)は床に一切れの紙が落ちてるのに気が付いた。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。