上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そのあとも霞(聡)と奴隷四人との数々の変態プレイが続きビデオカメラにたくさんの卑猥な
映像を残した。そのため容量が不足したのでノートパソコン、ハードディスクを取り出し、そ
の中に記録を移した。

気がつくと午前三時になっており霞(聡)は男性四人と遊び疲れ果てていた。

霞の部屋には今、パソコンや『清掃員プレイ』で男性四人が着用した作業服、ビデオカメラがある
のだがそれは霞のものではない。

それらはパラレルワールドから帰るときに男性四人に紛れてきた物であり、パラレルワールドの
聡の物である。それ以外にもいろいろな物が紛れ込んでおり、彼らはそれを使って存分にたくさ
んのプレイを楽しんだ。

「はははっ、たくさん撮れたな。霞ちゃんもAVデビューしたようで嬉しいぜ。この霞ちゃんの
身体は俺が育てたようなものだから・・・ここまでエロく仕立て上げれるとは夢にも思わなか
ったぞ!さてと・・・さっそく上映会でも始めようじゃないか、へへへへっ!!!」

霞(聡)は再生ボタンを押して映像を再生させた。

『はああああんっ、あああああんっ、いっ、いいっ??♪』

『いくぅっ、いくぅんっ、はぁんっ♪』

「あああんっ、んはんっ、いいいいんっ、ひぃ?、ひぃいいいいい??、いぐんんんっ♪』

スクリーンにはケダモノのように卑猥に鳴き続ける霞の姿がそこにはあった。
そしてその映像を見ている霞(聡)は疲れがなくなり再び身体がムラムラし始め、
我慢することもなく椅子に座りながらスカートの中に手を忍ばせて純白のショーツの
上を撫でていた。さらに巨乳をもう片方の手で力強く掴み激しく揉み始めた。

「はぁ・・・・はぁ・・・・これをみてるとすごく興奮するんだよな。」

スクリーンの中の霞もそれを見ている霞(聡)も淫らな行為をし続けている。さらに霞(聡)
はその映像の音量を最大にさせた。

『はああああんっ、はあんっ、はああああんっ♪』

「ああーんっ、はあああんっ♪」

それらは部屋中に響き渡り二人の霞の卑猥な喘ぎ声が共鳴し合った。

そして・・・・・。

「はぅっ、はああんっ、いっ、いんっ、いぐんんんんっ!!!」

『ひいいいん、いぐぅぅ???!!』

シャアアアア???!!!!

映像の中の霞がイクのと同時に霞(聡)もちょうどイってしまった。
純白なショーツが霞の汚れた汁によりまたしても卑猥な『エロ色』へと変色させてしまった。
これで七枚目である。

霞(聡)は箪笥の中から新しいショーツを取り出そうとしたのだがなかった。

「ああ、もう切らしたのか、仕方ないな。」

霞(聡)は七枚の汚れたショーツを持って部屋から出て下に降りた。そして洗面所のほうにいき、
その近くにある洗濯機の中に入れた。さらにセーラー服を脱いで籠に入れクリーニングに出すこ
とにした、そして全裸となった霞(聡)は風呂場の中に入りシャワーを浴びた。

霞(聡)の身体に染み付いたエロ色の汚れが徐々に清められ綺麗になった。

「へへへ、この霞ちゃんの身体はもう俺のものだから、大事にしないとな。ははははっ。」

そして洗い終わるとバスタオルで身体を、ドライヤーで髪を乾かし霞の部屋に戻りパジャマ
に着替えようとしたのだが、箪笥の中に偶然、夏用半袖セーラー服が見つかったのでノーブラ・
ノーパンのままそれに着替えた。

「そういえば霞ちゃんの身体に憑依してから半袖セーラーはあまり着なかったな。今は中学三年
生でもう着おさめなんだし、この制服も有効活用しないといけないな。これからは夏用セーラー
はいらなくなるから、この夏服を私服化にでもしようかな。ははははっ。」

霞(聡)は夏用セーラー服を私服化することに決めた。

「さてと、もう寝よう・・・。」

霞(聡)はベッドに制服のまま横たわり毛布を掛けて電気を消して眠りについた。奴隷四人も
床に横たわり眠った。

そして・・・・。

ギリリリッ??、ギリリリッ??!!!

霞(聡)は目覚まし時計のアラーム音で目を覚ました。
時刻を見ると午前七時。霞(聡)は三時間程度しか寝ていなかった。

「ふぅあ??、もうこんな時間かよ。あ?あ、眠い、あと三時間はほしいところだな。」

霞(聡)は下に降りて朝食を食べ、歯を磨いたあと下着を探すために母親の部屋に入った。
家族は誰も居ないため、部屋を荒らし放題だった。

箪笥を荒らしているとセクシーブラックのブラジャー、ショーツが出てきた。

「おっ、これはすごくエロイな、そうだ、今日はこれを身に付けよう。」

霞(聡)はそれを手に取り自分の部屋に戻り、夏用半袖セーラーを脱いで全裸となり
セクシーブラックのブラジャー、ショーツを身に着けた。

霞(聡)は女子中学生というのにも関わらず、大人向けの下着を身に着けており
より一層セクシーになった。

「はははっ、これを身に着けると、すごく嫌らしく見えるぜぇ?。まだ中学三年生だっ
ていうのにこんなセクシーな下着を身に着けて登校するなんて、よほど変態だなぁ??
校則違反にでも引っかかるんじゃないのかなぁ??、ははははっ!!!」

嫌らしい下着を身に着けた霞(聡)はクローゼットの中にある襟等は夏用と同じで生地が
紺色で白のスカーフのある冬用セーラー服を取り出して身に付けた。

「俺のお気に入りの夏用長袖セーラー服が汚れてクリーニングに出すから今日は冬服でも
着ていこうな??。」

現在、霞(聡)の持っているセーラー服は夏用半袖が二着、夏用長袖が一着、夏用プリーツ
スカート二着、冬用セーラー・冬用プリーツスカートがそれぞれ二着ある。

霞(聡)は中学三年生であり九月が終わりに差し掛かり夏用セーラー服も本来なら着収めな
のだが聡は霞の夏用制服姿が特に好みだったため、夏用長袖・半袖共に私服化することに決めた。

木下霞とういう少女の身体がセーラー服を身に付けることにより一層可愛く見える。
聡にとっては今や、自分が支配する身体であり貴重なアート(芸術作品)でもあった。

霞の魂はもう存在しないため、聡は自由自在に木下霞という少女の身体を思いのままに扱うこと
が出来るのだ。

「へへへっ、おまえら、これから学校にいってくるぞ!!」

「ははっ、いってらっしゃいませ、ご主人様!!」

霞(聡)は自分の飼っている奴隷たちに挨拶をし家を出て今日も学校へ向かった。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。