上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「私って本当にエッチな女の子なんだね。興奮してこんなに濡らしちゃった~♪」

彼女は私の濡らされた手をそのまま動かしショーツを掴ませ下ろし脱がせた。
純白色のショーツに染みができ汚れている。

彼女はショーツを掴み鼻に近づけて匂いをかいだ。

「はぁんっ、良い香り~。カスミのエッチな匂いがするよぉ~。それに今日は
いつもより良い感じで濡れてるみたいだね。これもお姉ちゃんのおかげだよ
。今からカスミがご褒美をあげるね♪」

彼女はショーツを床に置き私の身体を押し倒し、私の身体の上に跨った。

「ねぇ、沙織お姉ちゃん。お姉ちゃんはいったいどんな味の甘い蜜をカスミに味わ
せてくれるのかな?楽しみだなぁ~」

彼女は私の唇にキスを交わした。
すると、そのとき私の身体の股間部分が熱くなり何かが盛り上がるのを感じた。
女の子にキスをされているのに妙な感覚だった。

「お姉ちゃん、この部分何かおかしいよ。もっこりと何かが膨らんでるみたい。気に
なるから覗いてみるね」

彼女は私のミニスカートを捲り覗きこんだ。

「きゃっ!!なにこれ?お姉ちゃんったら、すごーい。女性なのにこんなもの
隠し持ってるなんてー!!」

彼女はその部分を手で撫で始めた。すると私は今までに味わったことのない快楽に
襲われてしまった。

「お姉ちゃん、ココ吸ってもいい?別にいいよね、少しくらい」

じゅぅ~~、じゅぱぁ~~、じゅぱぁ~~

彼女は顔を下に近づけ私の股間部分にある何かを少し舐め始め、それがエスカレートして
愛らしい口で私のそれを飲み込んだ。

(あ、ああ…)

私は力が緩み起き上がることはできず、彼女の舐めて飲み込んでいるものが何なのかは
分からなかったのだがその部分は敏感に反応しているのは確かだった。

私はこんな快楽な気分は初めてだった。

「はぁ…はぁ…お姉ちゃんのエッチな白い蜜。甘酸っぱくてとってもおいしいよ。カ
スミのミルクとは大分味が違うんだね。そうだ、今から私とお姉ちゃんとで合体(ドッ
キング)しようね」

彼女はセーラー服姿で私の身体の上に再び乗り、お尻に私の敏感な何かを差し込んだようだ
ったが私には見えなかった。彼女は私のそれを快く招きいれた。

「んうぅん、はぁ~、いっ、いいっ~~!!お姉ちゃんとカスミ合体してるぅ~。とても気持
ちいいよぉ~!はんっ、はああん~~!!」

彼女は嫌らしい顔つきで上目で頬を染め口から涎を出し、お尻を上下に動かし続けた。
それにより私は快楽感がより強まった。まるで男女同士の性交渉のようだった。

(はぁ…はぁ…)

私は上に跨っている彼女の猛攻な攻めにより気が緩み快楽に浸り続けた。

「はぁん、きっ、気持ちいいよ、お姉ちゃんっ、ああ、カスミもう限界みたい。だってお姉
ちゃんのコレ、ぶっといんだもん♪そんなもの突きつけられたらカスミ耐えられないじゃない。
だから、カスミのココをこうして苛めるしかないの。お姉ちゃんももう限界みたいだしそろそろ
終わらせてあげるね。はぁ~、いくっ、ああっ、いくぅうう~~ん!!」

どぴゅっ、どぴゅっ、どぴゅっ~~~!!!

彼女は思いっきり腰を動かして私のそれを揺さぶり続けた

「はっ、ああんっ、はぁぁぁあああああん~~~!!!」

じゅぱぁ~~~

そして彼女の嫌らしい悲鳴とともに私も同時に何かが吹き出てしまった。

彼女は私の隣に横たわり息を荒げ笑みを浮かべて少し休んだ。
髪は乱れ唇からは唾液を垂らし頬を真っ赤に染め汗を掻いている。さらには身に付けている
セーラー服上着、プリーツスカートは乱れ少女の汗が染み渡り汚れてしまった。名器の周り
には私のそれから発射したと思われる液体が付着していた。

これで終わったのかというとそうではなく彼女はこう呟いた。

「はぁ…はぁ…。最高だったよ。沙織お姉ちゃん。今度はまた別の顔…姿でお姉ちゃんを
楽しませてあげるね。じゃあ、しばらくここで休んで待っててね。くふふ」

シュー~~~!!

彼女は立ち上がり近くに置いてあるスプレーを取り出して私に向けて発射させた。
私はそれにより再び意識を失った……。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。