上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分の部屋に戻ってきた霞(聡)とその部下一同は寛ぎビデオカメラを
再生した。
その中にはこれまでの行動が記録されていた。

すべては聡の自作自演……。
霞(聡)が道中で沙織に話しかけることから始まり、携帯電話のメールで
霞の兄の昇に指示を送り、奴隷B~Dに誘拐犯を演じさせた。

監禁部屋は霞の住んでいる家の一階にある物置きの小屋を利用した。
昇は霞の下着やセーラー服を身に付け、長髪のカツラを取り付け霞に成り
すまし『拘束された哀れな少女 木下 霞』を演じた。

聡は憑依能力を利用し、いろんな人の身体に出入りしたり、他人の魂を別の
器(身体)に入れ替えたりしていた。そして黒マントや仮面マスクを取り付
け、いくつもの顔を持つ『怪人n面相』を演じて見せたのだ。

まず監禁部屋(物置きの小屋)には霞の姿に変装した昇がスタンバイしており
拘束されたフリを始めた。
そして少し時間が経ち怪人と同様の黒フードを身に付けた沙織がニヤニヤと不気
味な笑みを浮かべながら沙織の服を着せられた聡が気絶したまま運び込まれた。

実際には聡が沙織の身体に憑依し黒フードを身に付け、そして奴隷A(平行世界の聡)
の身体に沙織の魂をうつしたものである。

それから目を覚めると彼女の目の前で次々と違う姿で現れた。
霞の身体に憑依してセーラー服の上から黒フードを纏い現れ、その次は奴隷B~Dに奴隷A(
平行世界の聡)の拘束を外すように命じ、霞の身体を離脱して奴隷A(平行世界の聡)の
身体に憑依して沙織の魂を霞の身体に入れた。聡はスーツの上に黒フードを纏い霞(沙織)
の元に登場した。

その後も聡は奴隷B~D、沙織の身体に憑依して霞(沙織)のもとへ現れ、あたかも顔、身体
をいくつも変える『怪人n面相』がいるかのように認識を誤認させた。

そしてビデオの終盤には先ほどの女装姿の昇と霞(聡)が兄妹同士でセックスしている場面が
うつし出されており、ビデオはこれで再生し終えた。

「はははは、これはいい出来じゃないか。霞ちゃんのビデオがまた増えたな~。沙織には今回
大活躍してもらったし、遊んでみて楽しかったぞwなぁ、おまえらもそうおもうだろ!」

「はい、そのとおりです、聡様!」

「ははは、そうだろ。そうだろ。次はどうやって遊ぼうかなw」

霞(聡)はニヤニヤと自作のビデオを鑑賞していた。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。