上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ああ、なんだか急に身体が…」

「どうかしたの?大輔くん。ぐふふふ」

霞(聡)は香織(大輔)に(性欲剤と霞の愛液の入った)ミルクを飲ませた。
それにより、香織(大輔)に異変が生じた。

「身体が…身体がムラムラする」

「え?どの部分がどういう風にムラムラするの?カスミに教えて!」

霞(聡)は香織(大輔)の身体を抑え床に倒した。そしてプリーツスカート越しに
股間部分を撫でた。

「あっ、そこはっ!!」

「なに、ここが気持ちいいの?だったらカスミがお友達として手伝ってあげるね……香織
ちゃん♪うへへへへ!!」

霞(聡)は香織(大輔)の頬を舌で舐めまわした。

「んぐっ!」

「香織ちゃんったら可愛い。頬が真っ赤になってるよ」

その後も両手で胸を揉んだり、プリーツスカートを捲りショーツを脱がせ秘部を露出
させたりして香織(大輔)を弄んだ。

「あっ、ああああ!!木下さん。そんなに激しいと…ああああっ!」

「香織ちゃん。良い鳴き声だよ。もっとカスミに聞かせてよ。…エッチな囀りを」

霞(聡)は香織(大輔)のセーラー服を破くかのように脱がそうとした。
ホックは開きスカーフリボンは取れ、ブラも取れてしまい胸を露出させてしまった。

「はぁはぁ~。香織ちゃんのオッパイだぁ。少し吸わせてよぉ」

霞(聡)は吸いついた。

「ああん。いいっ。まだミルクは出ないけど、とってもエッチで噛み応えのあるオッパイ
だったよ~、ぐへへへ」

最後に視線を秘部のある部分に持って行って舌を近づけ舐め始めた。

「あんっ!!」

「やっぱり、ここが一番反応するみたいだね。じゃあ、最後にコイツでフィニッシュさせ
ちゃおーぜぇ!!!」

霞(聡)は両頭バイブを手に取りスイッチを押した。
すると…

「あああああっ、いくっ、ああんっ、いくぅうううう!!」

「ああんっ、私もっ、気持ちいいっ、あああっ、いくぅううう!!」

二人は同時に逝ってしまった。大量の愛液が混じり合った。

「はぁはぁ、どうだった?大輔くん。気持ち良かったでしょ?」

「でもなんだか大山さんに悪いなぁ」

「そんなの大丈夫だよ。実は香織ちゃんはとてもエッチな女の子だからむしろ喜んでると思
うよ。その証拠に香織ちゃんの身体、敏感になってるじゃない」

霞(聡)は嘘の事実を伝え励ました。

「そうかなぁ」

「そうだよ。親友の私が言うんだから本当に決まってるじゃない。きっと香織ちゃんも大輔
くんに身体を使ってくれて喜んでると思うよ」

「ああ、なんだかそうみたいだ。また身体がムラムラし始めた」

「それでこれからどうする?私とまたセックスでもする?帰ってじっくりと一人で楽しむ?」

「身体がおかしくなったし、今日のところはそろそろ帰るよ」

「そう。じゃあ、香織ちゃんをよろしくね。たくさん撫でてあげると喜ぶから…」

「いろいろありがとう、木下さん」

「じゃあね、大輔くん」

香織(大輔)は身だしなみを整えて香織の家に帰って行った。

「ははは。これで俺の身体も調子が戻ったぞ。今日からまたオナニー・セックス三昧の日が
続くぞ!おい、奴隷B。俺のオマンコを舐めろ!」

「ははっ、かしこまりました。聡様」



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。