上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
放課後、霞(聡)は今日も同様に女子生徒たちを集めた。

「お前ら、今準備してくるから少しココで待ってろよ!」

「ははっ!」

霞(聡)はそう言って鞄を持ったまま教室を出て女子トイレへ向かった。
そして個室へ入ると鞄の中から『肉体変化の薬』を取り出した。

「うへへw楽しみだなwww」

霞(聡)はニヤニヤと笑みを浮かべながらそれを飲むと次第に胸が縮み股間部分に変化が
現れた。プリーツスカート、ショーツを捲ると男性の象徴である肉棒が現れていた。

「さてと教室に戻るか」

霞(聡)の口から男性のような野太い声を漏らした。

「む・・・?今の俺の声か?・・・どうやら声までもが男性化したみたいだなぁwへぇ、
改めて見るとこの薬の効能もすごいよな。製薬会社から失敬してきた甲斐があった
ぜ。全く俺ってラッキーだよなぁw」

男の娘となった霞(聡)は教室に入り女子生徒らにいろいろ指示を出したのち教室を出た。

それから数分後のこと・・・・・




「おっ、ここか。新しくオープンしたっていう店は。少し中に入ってみようかな」

霞(聡)は少女とは不釣り合いな男性の野太い声・荒い口調で言った。

ガラララッ~~!!

「いらっしゃいませぇ~、ご主人様~!」

霞(聡)は客として店内(教室)の扉を開けるとセーラー服を身に付けた数人の店員(女
子生徒)がにこやかに元気よく挨拶をした。

「こちらの席へどうぞ」

「お、おう」

霞(聡)は席につくとメニューを広げた。

「うむ、何にしようかな。迷うなー」

「ご主人様、こちらのメニューはいかがでしょうか」

「何なに・・・・『オナニクボーナス』?それはどんな料理なんだ?まぁ、いい。
この『オナニクボーナス』をひとつ!」

「はぁーい。少々お待ち下さいませ。ご主人様」

1分もしないうちに店員が戻ってきて彼女は霞(聡)の穿いているプリーツスカートを捲った。
そこにはショーツから大きな肉棒がはみ出ていた。

「な、なにするんだ?」

「ご主人様、これが当店の名物『オナニクボーナス』です。たっぷりと堪能していってくだ
さいね」

彼女は霞(聡)の肉棒に甘い香りのするミルククリームをたっぷりと塗った。
そして口を近づけ少しづつ舌を伸ばし男を誘うかのような上目遣いで舐め始めた。

「ううっ、ああっ!」

霞(聡)は彼女の舌触りにより肉棒が反応してしまった。
彼女は一度舐めたら間を置きまたゆっくりと舐め始め・・・・その動作を繰り返した。
それにより霞(聡)の肉棒は急に爆発することはなく膨張を続けていった。

「うぐっ、これはなんという素晴らしい舐め方なんだ。俺様のココが爆発しそうで爆発しない。
快感とともにゆっくりと膨れ上がるっ。ああん」

「ぐふふ、ご主人様。なかなかしぶといですわね。では、これではどうかしら?」

彼女は舌を回す感じで霞(聡)の肉棒まわりを舐め続けた。

「あっ、ああん。ああっ、だめだぁ、いくぅ、ああん、さいこー!!!」

それにより霞(聡)の肉棒は先ほどよりも敏感に反応し恥ずかしい声を漏らしてしまった。
だが、なんとか堪え逝ってしまうのを阻止することができた。

「ぐふふ。気に入りましたわ。特別に新しく開発中のスペシャルメニューをサービスしてあげますわ」

「何なに・・・今度は一体何が出てくるんだ?」

すると数人の店員が近づき胸を霞(聡)の顔に近づけ挟んだ。

「うおっ、これはなんという天国。店員たちに顔をサンドされるなんて・・・・おかげでチンポが
また膨れ上がってきた。ああん」

「この『ロイヤルイメイチャーサンドミルクパイ』のお味はどうでしょうか?お客様」

「ああ、これはまた最高だ。未成熟ならではの素晴らしい味だなぁw」

「そうですか。気に入って頂けて何よりです。続いてはこちらはいかがでしょうか?」

「うぐっ、何をする気だ?」

店員数人がかりで霞(聡)の身体を持ち上げ、机同士をくっつけ布を敷いた疑似ベッドの上まで運び仰向
けの状態にさせた。

すると彼女らは霞(聡)の身に付けている制服を淫らな状態に半分脱がし、顔を近づけ舌を出して霞(聡)
の至る部分を舐め始めた。

「あ、ああっ、これはいいっ。俺のツボがどんどん刺激されるぜ!もっとだ、もっと続けろっ!あああ!!」

彼女らは遠慮することなく霞(聡)の身体を舐め続けた。
すると・・・・

「ひゃっ、ひゃあぁ~、ああっ、こんな女の子たちに犯されるなんて・・・あああん、もうだめぇ、いくぅ
、ああん、いぐううううううぅ~~」

霞(聡)は全身舐められ逝ってしまった。膨張を続け肥大化した肉棒は女子中学生たちの猛攻な攻めにより
耐えきれずビッグバンを起こし、溜まっていた精水を大量に放出させてしまった。
さらにそれと同時に霞(聡)の身体に少し変化が生じた。卑猥な肉棒が縮み消滅し代わりに胸が大きく膨らみ
身体が少しだが女性化していった。

霞(聡)は起き上り身だしなみを少し整えた。

「いかがでしたでしょうか?ご主人様」

「ああ、最高だったぞ。お代は全部でいくらなんだ?」

霞(聡)は声のほうも未だ戻っておらず少女には不釣り合いな野太い男性の声で言った。

「いえいえ、本日は特別にお代は頂きません」

「そうか。・・・・だったらこれは俺を楽しませてくれたせめてものお礼だ。受け取ってくれ」

霞(聡)は彼女にディープキスをし店(教室)を去って行った。




そして女子トイレのほうに行った霞(聡)は完全に女性化し身体が元に戻ったのを確認し教室へ戻った。

「お疲れさまでした、聡様」

「ああ、お前らもお疲れ。素人ながら中々良かったぞ。この調子で本番も頑張ってくれw」

「ははっ」

洗脳した女子生徒らは身だしなみを整え教室を掃除し元の状態に戻し帰って行った。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。